<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Emeat × 酢飯屋 × がんばれ!大山くん

 

 

Emeat-blog-ooyama-21.jpg

 

 

 

牧場に寿司職人の岡田さんが最初に訪れたのは2010年、その時に生まれた子牛に息子さんと同じ『 結 -ゆい- 』という名前付けた事から紡いでいく物語の数々。


2015年、『 酢 飯 屋 』ち ゃ ん を 酢 飯 屋 で

2016年、  一頭買いではなく寿司屋の血統買い『 千 歳 』

 


そして、2017年に結の3番目の子『 がんばれ!大山くん 』がいよいよ始まります。


 

 

 

Emeat-blog-ooyama-22.jpg

 

 

 

今から2年半前、Emeat がようやく動き出し、酢飯屋さんが当時昼のランチで初めてEmeatを使い始めた頃に、寿司職人である岡田大介さんの息子さんと同じ名の我が家の母牛『 結 』が3番目の子を産みました。

 

 

 

「友達や知り合いに寿司職人ってどれぐらいいますか?日本といえば寿司ですが、実は数える程度の人か、もしくは全くいなかった

りするんです。今では海外の方の寿司職人の方が実は日本人の寿司職人よりも多くなってるのが現状です。だから、私がカウンターを取っ払って、楽しんで、しっかり儲けも出して、かっこよくて、若い人がこぞって寿司職人を目指したくなるような寿司職人になりたいんです」

 

 

 

そう語っていた岡田さんの元に当時18歳の 大山浩輝 くんが弟子入りしました。

 

 

 

 

 

大山浩輝くんが酢飯屋に弟子入りするまでの経緯は、彼が20歳を迎えた時に書いた熱い長文がありますので、興味あるかたは

 

 

 

 

こちらから↓

 

 

( Click! )→ おおやまひろき・オオヤマヒロキ・大山浩輝・HIROKI OYAMA

 

 

 

 

 

「結の3番目の子の名前なんですが、最近18歳の子が酢飯屋に入ったんです。そこで「大山くん」という名前にするのはどうでしょうか?」

 

 

と岡田さんの提案がありました。岡田さんは大山くんにすごい期待しているな!とその時に感じました。

 

 

 

「友達や知り合いに寿司職人ってどれぐらいいますか?」という質問は、「友達や知り合いに牛飼いってどれぐらいいますか?」に簡単に切り替わるような感覚を持っていたので、18歳が弟子に入ったという知らせは、まるで自分達の事のように嬉しかったのです。この大山くんが出荷するまではなんとか頑張って欲しい!そう思って岡田さんに提案しました。

 

 

 

 

 

 

「大山くんの名前の前に爐んばれ!瓩辰読佞韻討いい任垢?」

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-02.jpg

 

 

 

耳が大きいのが特徴の『 がんばれ!大山くん 』は順調にすくすくと育っていきました。雰囲気は『 酢飯屋 』ちゃんにそっくりです。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-04.jpg

 

 

 

 

打ち合わせやイベントで酢飯屋さんに顔を出すと、大山くんも元気に育ってました。Emeat を使った「まかない料理」を大山くんがよく作っていて、岡田さんに「お前やべぇの作ったな!」と言われてるやり取りがとても微笑ましかったです。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-05.jpg

Emeat-blog-ganbare-06.jpg

Emeat-blog-ganbare-14.jpg

 

 

 

大山くんが牧場に訪れ、初めて『 がんばれ!大山くん 』と対面しました。普段、牛の『 がんばれ!大山くん 』の事を「おーちゃん」と読んで管理しているので、人間の大山くんが来ても距離感が分からなくなって、気軽に「おーちゃんはさぁ」と話しかけてしまうのでした。

 

 

 

それくらいに何か可愛いといいますか、成長に繋がるような事をしてあげたい!という気持ちで、子牛に「名付ける」という事を体験してもらったり、岡田さんもやってもらった「牛に手を入れて生まれる前の子牛を感じる」というマニアックな体験もしてもらいました。

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-08.jpg

Emeat-blog-ganbare-13.jpg

 

 

それから、友達と一緒だったり、バイクで一人で来たり、何度も何度も時間を見つけては『 がんばれ!大山くん 』や名付けた『 金目鯛 』や出荷間際の『 千歳 』の様子を見に来てくれました。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-09.jpg

 

 

大山くんは Emeat若牛 として通常の肥育期間の半分での出荷を計画していました。その時に大山くんも駆けつけてくれたんですが、この時に『 がんばれ!大山くん 』は膝を痛めて、餌もあまり食べなくなり、みるみる痩せてしまっていたのです。

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-10.jpg

Emeat-blog-ganbare-12.jpg

 

 

 

当時、若牛を始めたばかりで試行錯誤の中ということもあったり、データや若牛というブランドの勢いを保つためになんとしても若牛として出荷したいという気持ちがばかりが焦っていたりして、正直悩んだのですが、やっぱり今出したらこの子の能力は正直発揮させてやれない!しっかり膝を治して、万全の状態で送り出したい!と思って、岡田さんに理解して頂き、絶対に治す!と誓いました。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-03.jpg

 

 

その話をすると、大山くんは「実はすごい共感しちゃって。私も順風満帆という訳でもなく、この2年半で本当に辛い事もあったし、心がどうしても乱れて手を包丁でざっくりいった事もありました」としみじみ話していました。

 

 

正直、膝を痛めた時期というのは牛さんにとって大事な時期にさしかかっていたので出荷の時まで戻るのか不安でした。

 

 

 

 

Emeat-blog-ooyama-23.jpg

 

 

 

 

でも、『 がんばれ!大山くん 』は最後にびっくりする位グンと伸びたのです!姿形、そして穏やかな性格までも最後は『 酢飯屋 』ちゃんと瓜二つでした。枝肉重量610kg、霜降りも困るくらいビッシリと入っていて、お肉をカットした職人もすぐに2年前の『 酢飯屋 』ちゃんを思い出して「これ同じ血統だろ?』と驚き、毎日すごい数のお肉を捌いている職人に覚えられている事に嬉しくなりました。

 

 

 

さぁ、いよいよ2年半の修行をした寿司職人の大山浩輝くんが共に成長した『 がんばれ!大山くん 』に対面します。

 

 

 

 

もちろん、寿司屋の牛レストランや酢飯屋さんでも『 がんばれ!大山くん 』は登場しますし、精肉の販売も準備が整い次第行っていく予定です。

 

 

 

 

 

ぜひ、そんな『 がんばれ!大山くん 』一緒に楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)

関係者さんへの成長報告

 

 

 

昨年末は忙しくてブログをほったらかしてご心配おかけしました。

特に Emeat に自分が関連した牛さんがいる方は成長はどうかな?と思ったかと思いますので、先ほどパパパッと撮ってきました。

 

 

本日は台風のような強風が吹き荒れていますが、服やカメラを隙あればデロッデロに舐め回すくらいに牛さんは元気ですよー。

 

 

 


 

 

色んなシェフで酢飯屋ちゃんに一頭入魂関係

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-01.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-02.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-07.jpgEmeat-blog-ushiphoto-19.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-27.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-32.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-18.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

シェパード中央家畜診療所関連

 

Emeat-blog-ushiphoto-29.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-13.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-08.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-04.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-24.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-28.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-31.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

吉牛ツアーズ

 

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-35.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-03.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-05.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-06.jpg

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

domitune

 

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-11.jpg

 

 

 


 

 

 

・IKU

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-15.jpg

 

 

 

 


 

 

 

・削蹄の藤田さん

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-16.jpg

 

 

 


 

 

 

Serendip

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-14.jpg

 

 

 


 

 

 

COLORS ltd.

 

Emeat-blog-ushiphoto-30.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-20.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-22.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-17.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-33.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-25.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

Ume+

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-23.jpg

 

 


 

 

 

Onzi wine.french

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-10.jpg

 

 

 


 

 

 

Lodge Bistro SARU

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-12.jpg

 

 

 


 

 

 

フレッシュミート佐久平

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-21.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-26.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16:20 | comments(0) | trackbacks(0)

牛さんに名付けるという事。

 

 

Emeat-blog-wakate-09.jpg

Emeat-blog-wakate-08.jpg

 

 

Emeat ではお馴染みの東京のお寿司屋 『 酢飯屋 』 の現場を回す若手の大山浩輝くん山本祐也くん、そして、たまたま酢飯屋で

前日お手伝いしていた横山力さんがはるばる牧場に遊びに来てくれました。

 

 

酢飯屋とEmeat。寿司屋と牛屋という異色の繋がりはもう一つの蓄積型のブログを立ち上げるほどの深い関係性にどんどんなっていってます。

 

 

 

蓄積型ブログ →  Click! 『 牛飼いと寿司職人の黒毛和牛一頭入魂 』

 

 

 

 

Emeat-blog-wakate-06.jpg

 

 

今回の目的は、先日いよいよ出荷した自身の名前の付いた牛さん『がんばれ!大山くん』の大山くんへの報告と、その大山くんが名付けた『 金目鯛 』の様子を見にくるということでした。そして受精卵で産まれた新たな『結』の子に、新人の山本祐也くんが名前を付けるという事でした。

 

 

 

大山浩輝くんが『 金目鯛 』と名付けた時の様子はこちらです。

 

 

  Emeatにっき →  Click!  『 酢飯屋ちゃんの贈り物 』

 

 

 

 

 

Emeat-blog-wakate-01.jpg

Emeat-blog-wakate-02.jpg

 

 

 

20歳、24歳の寿司職人修行中の二人が牛さんに名前を付ける。そして体温を感じ、出荷の時にはソワソワし、それまでに料理人として成長し、牛さんのお肉に対面する。やらせといて何なんですが、こんな事が20代で経験できるなんて正直羨ましい!と思いつつ、この牛さんが存在している事で、どんなに辛い修行であっても踏ん張って欲しいという思いが強くあります。そして、無責任に名付けてもらってる訳ではなく、名付けて頂くというのは、最大限に能力を引き出して出荷までたどり着かせるという牛飼いの強い責任感を私達に与えてくれるんです。

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-parsbbq-003.jpg

 

 

『 酢飯屋ちゃんにいろんなシェフで一頭入魂 』の時に素晴らしい串焼きを提供して頂いたり、その後もPaRsさんによる『 千歳のBBQ&BYOB 』の時に参加して火入れをして頂いたり、自身の「さつまや」さんの15年の有終の美のメニューにも千歳を使って頂いた 横山力さん も、念願叶って牧場の「さつまや力」くんと初対面です。

 

 

 

 

Emeat-blog-wakate-05.jpg

Emeat-blog-wakate-04.jpg

 

 

爐気弔泙笋舛磴鵑僚于戮泙任某靴燭憤食店の準備を頑張ろうと思い、ヤル気が出てきました瓩筏蹐気鵑梁減澆目標になったり励みになったりしてくれるのは本当に嬉しいです。

 

 

 

牛さんを見て回りながらも、「あっ!ムジカの梶村(牛)さん!お久しぶりです」という台詞や「PaRs(牛)さん!」「あっ!河岸頭(牛)この前食べたよ!」とかお互いに知ってる名前の付いた牛さんが我が家にはたくさんいるので、なんだか初めて会う牛さんに久しぶりです!と挨拶している様子を見て、その方々がその場にいるような面白い変な事になっていました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-wakate-07.jpg

 

 

 

 

牛さんに名前をつける。

もちろん名前ではなく番号で管理してるのが愛情がないという事では全くありません。我が家も昔は番号管理でしたし、名付けたものの出荷が辛くて番号管理に戻した時期もありました。動物を飼う以上愛情がなければ成り立たない職業だと思ってるので、牛さんを飼ってる人はどんな方法であれ牛さんが大好きだと信じています。といいますか、牛さんにとっては名前だろうが番号だろうが「なに勝手にやってんだ」という感じかもしれません。

 

 

 

牛肉をうまく売るために牛さんに名前を付けたわけでなく、生まれから管理しているというスタイルもあって、牛さんに名前を付けて管理する牛飼いとしてのそんな日常を私が送りたくて、でもそうすると出荷の時辛くて、だったら販売までやる事で出荷が終わりではなく途中になるから、なんか自分の中でバランスが取れるかなと、いろんな方に協力してもらってEmeatという販売活動してる訳なんです。

 

 

 

ですから、牛さんに名付けるという行為で自分以外の誰かにやる気を与えたり、繋がったり、そしてそれによって私達も身が引き締まったりと、そういう場面に出会えた時にとっても幸せな気持ちになるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)

ハウスとハッチを作ってました。

 

 

Emeat-blog-new-17.jpg

Emeat-blog-new-19.jpg

Emeat-blog-new-20.jpg

 

 

石坂牧場の風景で思い浮かべるのは、この子牛のハッチ。

隙間から牛さんがのんびり顔を出す光景や、暑熱対策で周りの雑草を刈って屋根に上げたときの原風景なほっこりする感じがとっても好きでした。

 

 

 

関係者から見れば非効率さを存分に表したハッチで、中に入るにも一苦労、掃除や消毒も徹底しきれない。そして移動するにもとても重くて作業時間がとてもかかるスタイルのハッチです。

 

 

 

でも、このハッチのおかげで私達の方向性が見えた大切なものでもあります。効率じゃ勝負できない!でもこの風景が好き!だったら開き直ってとことん非効率に突き進めばそれは逆に新しい価値になるんじゃないか?牛さん1頭ごとをブランディングするような非効率な事だって逆に非効率のプロである私達だから出来るはず!

そんな Emeat の方向性を表してるようなハッチでした。

 

 

 

でも、お肉の販売や子供の世話など、どんどん忙しくなる中、このままじゃだめだ!システムの改善はやんなきゃ!という気持ちもあり、寒さが一番厳しい年末に子牛が20頭産まれる事も分かっていたので、ハッチを新しくしようと昨年、動き出しました。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-new-14.jpg

Emeat-blog-new-15.jpg

Emeat-blog-new-06.jpg

Emeat-blog-new-05.jpg

Emeat-blog-new-07.jpg

Emeat-blog-new-08.jpg

Emeat-blog-new-11.jpg

Emeat-blog-new-09.jpg

Emeat-blog-new-16.jpg

Emeat-blog-new-13.jpg

Emeat-blog-new-12.jpg

Emeat-blog-new-01.jpg

Emeat-blog-new-02.jpg

 

 

 

大雪で50mのハウスが3つ潰れた時以来のハウスですが、今回は未知の子牛用のハウスという事で、悪戦苦闘しながらもなんとか全て一人で建て終える事ができました。

 

 

 

子牛が次のステージに移動したら解体し、洗浄と消毒がしっかり出来、子牛に手が届く理想の30個のハッチと小屋です。電気や水道はまだですが、なんとかこの大寒波にも間に合い、子牛をあったかい場所に入れる事ができたので、やっとこうやってブログを書ける状態になりました。

 

 

 

 

たまたま牧場に来た農家さんから一人でせっせかハウスを作ってる姿を見て「ウチも頼む」とスカウトが来ましたが当然断りました。1/百姓という楽しさも今回ばかりは本当にキツくて、近くにいるのにずっと遊んでやれない子供達や、そんなピリついた空気を読んで遠慮する息子を見て、かなり精神的にも追い込まれました。

 

 

 

なんの為にこんな事をやってるのか?なんの為にこの仕事をしてるのか?本当に追い込まれてて自分を見失うような時期でした。

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-new-04.jpg

 

 

 

子牛を新しい場所に入れ、数ヶ月ぶりにひと段落すると、最近手紙を書くという事にどうやらハマっている息子から手紙をもらいました。

 

 

 

 

・・・読めません。

 

 

 

 

 

 

 

うそです。解読はすぐに出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

  太   パ パ い つ も は う す つ

  一   く て て う し が

  よ   う れ し そ う だ ね

   り

 

      ごほー

      び

 

 

 

 

 

 

 

                            えみりんの旦那

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)

あけましておめでとうございます。



Emeat-blog-2017-01.jpg



今年は本当に遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

 

 

2015年はお肉の販売を初めて、よし!お肉を売るぞ!というモード全開で動いていました。2016年の昨年も『 千歳 』『 SARU 』が大活躍してくれました。第二子となる娘の『千春』も3月に産まれたりと私生活も大きく変化しました。

 

 

 

でもどこかで薄々感じていたんです。かなり無理してるし、牛さんにも無理させてるなって。そして、年末の一番牛さんにとってキツイ11月〜12月の時期に20頭の分娩ラッシュが控えていましたので、月平均4頭出産の牧場のキャパを超えた偏りに目眩がした事を覚えています。昨年の夏くらいからこのままじゃ続かない!一度、現場を見直して、システムや人の配置などで効率を上げつつ、産まれてくる子牛の環境を整えなくちゃと、現場に集中するべき時間でした。

 

 

 

どんな事をしてたのかは、また次の日記で。



ワラ集めなど実際にその時期を迎えると、本当に精一杯でこのブログも放置し、ドメインの手続きも放置したせいで見れなくなるまでになりました。バランスよく出来ればいいのですが、まだまだ自分の余裕の無さに気づいたり。年末には身内の不幸も重なり、本当にバタバタと過ごす日々、いつも大晦日に子牛が産まれるという事が連続で続いていますが、今年は大晦日に3頭の分娩でした。でも何とか1頭も落とす事なく乗り切ることができました。

 



現場をしっかりして、また楽しいお肉の販売にも力を入れていきたいと思います。あくまで目標は「しあわせな牛飼い」で Emeat はその1つですので、バランスをとりながら、私達らしく今年も歩んでいこうと思います。

 

 

 





牛さんと一緒にしあわせを育てる。









今年もよろしくお願いします。




 

 




_____




さて、ここからは毎年恒例の年始一発目のお話です。
もはや形式美を追求していますので、興味のあるかたは2012年から順番にぜひ☆


2012年 →  Emeatにっき 「あけましておめでとうございます2012」

2013年   →      Emeatにっき   「あけましておめでとうございます2013」

2014年 →  Emeatにっき 「あけましておめでとうございます2014」

2015年   →      Emeatにっき   「あけましておめでとうございます2015」

 

2016年   →      Emeatにっき   「あけましておめでとうございます2016」









さて、毎年恒例の年賀状の関係でずっと書けなかった話です。

 

 

 

 

 





昨年の11月29日(いい肉)の日の事です。

1年に1度のいい肉の日、いい夫婦(11月22日)を完全無視して入籍した結婚記念日です。さぞ、その日はおいしいお肉を食べに連れてってくれるんだろうな?と秋頃からずっと夫に・・・全く期待していませんでした!だって今年は旦那は忙しい&息子の七五三もあったから泣

 

 

 

 



すると、

 

 

 




夫「あのさぁ、その日は桐生に行きたいんだけどどうかな?」

 

私「あら、ここから1.5時間でいける!なんでまた(お肉は?)」

 

夫「今年は朝の管理終わったら、移動、着付け、七五三や!」

 

私「ですよねー」

 

私「・・・(´д`) オニク 」

 

 

 

 




ま、まぁ今年もあまりに時間がないので、しょうがない!着付け、七五三とまさに今日は戦争だ!いい肉の日にいい肉食べたーーーーい!と叫びたいけど、戦争だ!

 

 

 

 

という事で、いい肉の記念日は車で1.5時間の桐生市の天満宮に行くことになりました。

 

 

 

 






____



 

 

Emeat-blog-2017-07.jpg


天気は気持ち良い秋晴れ。






 

Emeat-blog-2017-08.jpg

Emeat-blog-2017-04.jpg

Emeat-blog-2017-09.jpg

Emeat-blog-2017-10.jpg

 



群馬県桐生市天神町  桐生天満宮  に到着しました。
 

 


景行天皇の時代に天穂日命を祀る神社として創建されたと伝えられ、当初は磯部神社といった。南北朝時代初期に桐生綱元が現在の所在地に移し、藤原道真を会祀して天満宮となった。桐生市はたくさんの学校があり、受験シーズンになるととても賑わう神社。

 

 

 



 

Emeat-blog-2017-02.jpg



ほえぇ〜、孫にも衣装!悪ガキにも着物!
 

 

 

毎年この時期は七五三の季節で、いつか太一も5歳なるのかぁ、と思っていたらもう5歳です。はやいなぁ。


 

 

 


Emeat-blog-2017-03.jpg

Emeat-blog-2017-05.jpg

 

 

七五三の祈願をやって頂き、恒例の牛さんの前で年賀状撮影!



 

 

 

Emeat-blog-2017-06.jpg




ば、バカ殿みたいだ(笑)




















唯一夫婦の共通の趣味である御朱印を書いてもらい満足で帰宅!










今年も相変わらず牛にまみれた1年になると思いますが、よろしくお願いします。





 

 

 

 

 

 

 



 





 

 








年賀状2017










 

16:01 | comments(0) | trackbacks(0)