<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Emeat × onzi × 千歳 × 千歳

 

 

Emeat-blog-onzi-13.jpg

 

 

 

8月5日(金)6日(土)の2日間、東京都新宿区荒木町にある onzi wine.french さん

で『 Emeat 黒毛和牛 千歳の会 』が開催されました!

 

 

きっかけは《第4回寿司屋の牛レストラン》に onzi さんが参加してくださって翌日に

私達も千歳のお肉でぜひやりたい!と言って下さったのでした。根のように実際に会

を楽しんだ同士がゆっくりと繋がっていく感じがとっても嬉しかったのでした。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-onzi-12.jpg

 

 

新宿と聞いて田舎者の私はドキドキしながら駅を降りたのですが、荒木町に着くと

街並みは凛と落ち着いていて、本当にここは東京なんだろうか?と思ったほどでした。

 

 

onzi さんにどんな街なのかと聞くと、ここは元々歴史が深く花町として栄えた場所で

その後はオイルショックなどでお店も減ったが、フジテレビや文化放送があったりして

また業界御用達のお店が増え、そして今はフジテレビのお台場への移転を機に老舗と

若手が混在する面白い所、浮き沈みを繰り返してきたけど花柳界が土地に染み込んで

いて、ずっとお客様をもてなしてきた町が荒木町なんだと教えて頂きました。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-onzi-11.jpg

Emeat-blog-onzi-19.jpg

 

 

onzi さんはカウンターのみの小さなお店で、こういった会を開くのも初めてらしい

のですが、牛さんだからナプキンは赤でしょ!Tシャツ着てみました!などすごく

楽しんで準備してくれてるのが伝わってきました。

 

 

実はこの会を告知する前からすでに2日間とも常連さんで満席で、私もなんとか都合

がついて参加できたのですが、席はすでに埋まってるので特別にカウンターと対面の

席を作って頂きました。おかげでお客さんと対面する感じで座っていたので、まるで

授業参観のように5時間ずっと牛さんについて喋りっぱなしでした(笑)

 

 

 

 

 

Emeat-blog-onzi-10.jpg

Emeat-blog-onzi-17.jpg

Emeat-blog-onzi-09.jpg

Emeat-blog-onzi-08.jpg

Emeat-blog-onzi-07.jpg

Emeat-blog-onzi-16.jpg

Emeat-blog-onzi-06.jpg

Emeat-blog-onzi-05.jpg

Emeat-blog-onzi-15.jpg

 

 

お料理の方は言わずもがなですので写真に込めました!

急遽特別な席という事でカウンターと対面する形で座っていましたので、本当に千歳

の授業参観している気持ちでいました。目の前で肉を通して隣同士が打ち解けておし

ゃべりしていく様子を見て、あぁ幸せだなぁと思ったり、カウンターはもともと繋が

ってるけど、こうやってお客さんも繋がっていくんだ!これが onzi さんなんだなぁ

と思いました。

 

 

 

街自体がずっともてなしてきた土地柄で、でも浮き沈みがあって、今は老舗と若手が

いい具合に混じり合ってる面白い荒木町、でもずっと変わらずに支えてるのはこうい

った常連のお客さんなんだな、だから告知する前から満席なんだ!と自分なりに納得

して会を終えました。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-onzi-18.jpg

 

 

 

 

 


 

 

 

 

そして、無事に会を終えた翌日に onzi さんに寿司職人の岡田一家が訪れるという

私達にとって千歳のメインイベントが行われました。

 

 

 

 

 

そもそも、今回の牛さん『 千歳 』の名前は寿司職人の岡田大介さんの次男坊である

千歳君に由来します。岡田さんの長男『 結 』君の名前を頂いた牛さんは母牛になり

子牛を産んでいきます。最初の子は岡田さんの営む寿司屋さんの屋号を頂いて『酢飯

』と名付け、昨年に親バカパワーで寿司屋の牛1頭買いを実現し、そして当然の様に

今回の『千歳』も親バカパワーで取り扱って頂きました。つまり、onzi さんに岡田家

が来るという事は、次男坊の岡田千歳も来るという事です。

 

 

 

 

Emeat-blog-onzi-14.jpg

 

 

実は私もこの日が来る事を最初から楽しみにしていて、千歳をトラックに乗せた後に

最初に行ったのは岡田千歳が着る千歳Tシャツの作成でした。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-onzi-03.jpg

Emeat-blog-onzi-04.jpg

 

 

 

  千歳 in 千歳

 

 

 

onzi というお店の名の由来は出身の岩手の方言で「次男坊」だそうで、なにか今回

の岡田さんの次男坊である千歳の会はすごい縁を感じるんです!と言って頂きました。

 

 

 

おそらくまだ小さいので、千歳君にとって記憶にも残らない事かもしれません。

勝手に大人達が自己満足で盛り上がってる事かもしれませんし、見る人にとってはな

にかモヤモヤするかもしれませんが、千歳君が千歳のお肉を美味しそうに食べたとい

う事実だけで、育てた私達、料理人を超えた保護者のように扱う岡田さん、それを知

って企画した onzi さん、千歳に関わった人々がなにか救われたというか、明日もが

んばろう!と思えたのは事実なのです。

 

 

 

千歳が大きくなってジュースではなくワインを飲めるような大人になって、そしてな

にか自分に自信を無くしたような事があった時には、今回の千歳のお肉に関わった

私達がワインで酔っ払いながら「千歳は千歳って牛さんのお肉食べた事あるんだぜ!

千歳が入ってるんだから、お前は間違いなく千歳だ!大丈夫だ!ヒック♪」とか言っ

てやるんだ! あれ?そんな未来ってとってもステキじゃんか!と思ったのでした。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-onzi-02.jpg

 

 

 

 

そして、7月13日に我が家で2頭の分娩がありました。

 

 

1頭は『 結 』の5産目の子、生まれた直後の姿を見た時から優秀な女の子と感じ

たので、この子は母牛になります。そして岡田さんから特別な名前を頂きました。

 

そして、もう1頭のすとうの子には onzi さんと名付けさせて頂きました。

 

 

 

 

なにが正解で間違いかはわからないけど、小さな偶然や楽しさを拾っていって

しあわせな牛飼いができればと私達は思っています。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

                                えみりんの旦那

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-onzi-01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(2) | trackbacks(0)

牛飼いですが Tシャツ販売していいですか?

 

 

Emeat-blog-domi-19.jpg

 

 

どうも、えみりんの旦那です。

牛飼いの諸先輩方から遊んでねーで牛飼いに専念しろや!つか、せめて肉売れや!と

飛んできそうなんですが、Tシャツを販売してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-15.jpg

 

 

 

 

もちろん本業は牛飼いです。

牛飼いといっても牛だけ見てればいいだけじゃなく、牛さんが能力を発揮できるように牛

さんの環境を整えていかなければなりません。特に私達のような規模の小さい牧場ですと、

業者さんを使うとお金がかかるので、大概の事はなるべく自分達でやるようにしています。

時には牛舎をなおしたり、雨漏りをなおしたり、水道をなおしたり、大工や左官や溶接や

いろんな仕事をしなくてはなりません。エミートという個人ブランドも始めたので、お肉

の販売や営業やPOP作成など、毎年何かしら新しい事も学んでいかなきゃなんです。

 

 

 

その中で私が目指したいのは百の事が出来て一人前の『百姓』になる事です。

お!この仕事は『百姓』のうちの何個目だな!と時には失敗したりもしながらもニマニマ

と仕事をしています。

 

 

 

ここ最近も、早朝に牛さんを出荷して、牛さんに朝御飯、子牛小屋の環境を良くしたくて

コンクリート作業、草刈り、牛さんの管理、溶接作業、牛さんの晩御飯、牛さんに種付け、

子供を風呂に入れて、夜中の見回りしてからの夜な夜なTシャツ作成という流れでした。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-16.jpg

 

 

 

体力的にも次の日に備えてTシャツを刷るよりも寝た方が絶対良いに決まってるんですが、

楽しさと、あと絶対にこれはやりたい!という理由があるんです。

 

 

 

エミートの活動の中で、お客さんの前に立つ事がよくあるのですが、あるお客さんに言わ

れました。『すっごい美味しくて楽しい会でした!この楽しさをエミートを食べた人達が

共有できる場所があればもっと最高ね!ぜひ、そういう食べた人が繋がるコミュニティを

いつか作って下さいね!』と。なるほど!確かに!それは自分に置き換えてもそうだっ!

 

 

 

しかしコミュニティを作るというのはマメでない私にとってはとってもハードルが高く、

立場を置き換えて考えても、東北生まれの基本シャイボーイの私からすると、そのコミュ

に入るのもちょっと敷居が高く感じてしまう。そんな私が好きな事に出会ったりした時に

どんな行動をしてるだろうか?そう自分を振り返った時にハッと気づいたのがTシャツを

買うという事でした。お店、音楽、物、映画、イベントなどなど、私は好きなものと出会

った時に絶対そのTシャツを買ってるな!と気付きました。

 

 

 

よし、だから私はコミュニティではなくTシャツを作ろう!

エミートを食べた人だけが着れるかっこいいTシャツを!!と思ったのでした。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-12.jpg

 

 

 

Tシャツを作ろう!と思った理由のもう一つが近所の古着屋さんとの出会いでした。

牧場から車で15分の榛名山麓の榛東村に DOMITUNE-ドミツネ- さんはあります。

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-10.jpg

 

 

東京で古着屋さんをやってた息子さんが、もともと実家が営む『とみつね』という老舗の

スーパーの半分を使って古着屋さんとしてやっています。いやなぜに高崎市や前橋市では

なく榛東村という田舎でわざわざ古着屋さんをやるのか、その割にはネット販売も一切

やってないし。こんな所にお客さんなんて来るのだろうか?と余計なお世話で勝手に心配

してました。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-11.jpg

 

 

 

でも、これが遠くから近くからたくさんの人がDOMITUNEさんにやって来るんです。

田舎でお店が小さいからこそ、入荷した古着を1着1着、我が子のように丁寧にかっこ

よく伝えていくスタイルは、なにか私達エミートと共感する事が多く、そして今日は

お客さんが来なくて暇でしたので、こんなの作っちゃいました!という痺れるユルさ!

でも置いてある商品は、なぜこんなアレが田舎のココで取り扱ってるの?という衝撃。

 

 

 

お店自体が自分の作品表現だからこそ、街ではなく実家を選び、古着屋という事でなく

スタイルを追求しているお店です。だからこそネットではなく対面販売になんですね!

そんな DOMITUNE さんには東京からオシャレな若い人達がわざわざ訪れる一方で、

地元の農家のおじちゃんがスーパーに立ち寄るついでにDOMITUNEさんでふらっと

作業着を買っていく。その何気なく買って着ているおじちゃんの作業着は若い人から

したらめっちゃかっこいい服だったりしたりして。そして将来は榛東村の農家の人が

なぜかオシャレだ!とか、そんな風になったら最高だなと思う訳です。

まだまだ時間はかかるけど、私達のEmeatもこんな風に地元と繋がっていきたいな。

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-09.jpg

Emeat-blog-domi-08.jpg

Emeat-blog-domi-07.jpg

Emeat-blog-domi-05.jpg

Emeat-blog-domi-13.jpg

 

 

 

そんなDOMITUNEさんに出会って最初に購入したのがこれでした。

まさに牛飼いが選びそうな古着ですが、スラングも入ってるので海外では着れません(笑)

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-14.jpg

 

 

 

そして、実際に販売しよう!と思ったのはDOMITUNEさんでこの GILDAN の無地の

ポケットTシャツに出会ったからでした。その素材の着心地と肌触りに感動し、これ

なら自分に納得して販売できる!と思ったのです。 

 

 

 

DOMITUNEさんでも人気商品なので、なかなか手に入らないのですが、ある時には

買い占める勢いで購入しています。

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-01.jpg

Emeat-blog-domi-02.jpg

 

 

 

DOMITUNEさんオリジナルのオールドのdickiesをリサイズしたチノパンに大好きだ

と敬意を込めてDOMITUNEさんのオリジナルTにエミートを刷っちゃいました。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-03.jpg

 

 

さらにさらに敬意を込めて、生まれた子牛に DOMITUNE ちゃんと命名!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

【 販売するTシャツについて 】

 

 

 

Emeat-blog-domi-18.jpg

 

 

こんなに長く説明しましたが、販売するのはたった9点のみっす。

しかも、サイズも偏りマックスです。

 

 

まだまだ素人なんで1枚刷るのにすんごい手間がかかるんです。今回は9枚が限界でした。

このブログもそうですが、このたった9枚販売するのにすんごい時間使ってるので、最初

からそんな事を思いついてもやらない方が絶対に無難ですが、楽しいんですねこれが!

そして売れるかなんて分かんないけど、自分が好きなものと出会った時に そのオリジナル

のTシャツを買いたいと思うタイプなんで、そんな自分に似た誰かの為にも用意しておき

たいんです。普段は「寿司屋の牛レストラン」で対面で販売しているのですが、せっかく

夏なんで、気まぐれでネット販売してみようと思った次第です。

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-17.jpg

Emeat-blog-domi-20.jpg

 

 

 

 

・GILDANポケTに胸に牛さんのイラスト、右袖にロゴを入れた商品になります。

 

・1枚1枚それぞれインクのカスレ、ちょっと跳ねたインクがあり、個人的にそこをヨシ!と

 していますので、ご理解ある方は購入してください。

 

・色は白とサンドカラーの2種類です。

 

・60サイズで送らせて頂きます。送料は別途でお客様の負担となります。

 

・アメリカサイズですので日本のサイズ感より大きくなっています。ぴっちりジャストで

 着たい方は1ランク下のサイズでいいと思います。

 

 

 

 

 

【 在庫 】

 

GILDANポケT / 白 / S    2点

GILDANポケT / サンド / S  2点

GILDANポケT / 白 / M     1点

GILDANポケT / サンド / L  2点

 

GILDANポケ無し / 白 / S    1点

GILDANポケT / サンド / L (Emeatセンターロゴ)  1点

 

 

 

 

【 購入条件 】

 

・エミートを食べた事がある方のみの販売となります。

 購入フォームに「エミートをどこで食べましたか?」という質問を設置しますので、お答え

 ください。

 

・そもそも売れるかどうかさっぱりわかりませんが、9点しかないのでなるべくお一人様1点

 でお願いします。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショップはこちらになります ↓( Click! )
















 

 

 

 

 

 

17:00 | comments(0) | trackbacks(0)

S A R U × S A R U × S A R U

 

 

Emeat-blog-wakasaru-02.jpg

Emeat-blog-wakasaru-01.jpg

 

いよいよ、Emeat若牛 -わかうし-  の第二弾、『 SARU  ×  SARU × SARU 』

が始まります!

 

 

 

 

 

 

 

 

牛さんなのに S A R U  って!?

 

 

猿田伸幸さんを中心として、それぞれコンセプトを変えた飲食店を東京で複数展開して

いて、売り手よし、買い手よし、世間よしの三方よしに”生産者よし”を加えた四方よし

を理念に、時にはお店を閉めてまでスタッフ全員で生産現場に訪れ、創造し、食材の魅

力を言葉ではなく料理やサービスで表現してくれるお店の名前が『 S A R U 』です。

 

 

 

 

 

Emeat若牛 -わかうし-  って!?

 

 

「若牛」とは、黒毛和牛を通常約30ヶ月間肥育し出荷するサイクルを約20ヶ月に縮めて

出荷するいわゆる若い牛のことです。生産期間が短くなることで霜降りは通常出荷のもの

に比べて浅くなりますが、黒毛和牛が持つ本来のお肉の旨味は存分に楽しめます。

お肉好きならいくらでも食べられるようなフレッシュな軽さとクセになるような和牛ら

しい味わいです。生産期間を短縮する技術開発の背景には、霜降り肉から赤身肉への消

費者の嗜好の変化に応えながら、穀物の削減や環境負担を減らし、未来に繋がるような

新世代の黒毛和牛を提案していきたいという強い想いで始めたプロジェクトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-wakasaru-03.jpg

 

 

 

SARU との出会いは、たまたま猿田さんやシェフの方が牧場に訪れたのがきっかけで、

東京の白金にある Smoke & Vegetable Bistro SARU が2周年を迎えるので、その時

に華やかになるように、ぜひ Emeat を使ってみたいというのが始まりでした。

 

 

 

すると、翌日にお肉を楽しんでるお客さんの写真が送られてきました。こうやって生産者

を大切にしてくれるお店に行ってみたい!と訪れると、とにかくスタッフが明るくて丁寧

で料理も美味しい!スタッフ全員で生産地に行き同じ釜の飯を食べてるだけあって、本当

に明るいんです。通いたくなるを超えて働きたくなるお店でした。

 

 

 

 

お店のコンセプトは新鮮な野菜とスモーク料理が中心でしたので、ここで我が家のお肉は

難しいかなと思ったのですが、いつか!という夢と、関係なしに大好きなお店でしたので

生まれた牛さんに「SARU」と名付けました。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-wakasaru-04.jpg

 

 

 

時が経ち、とっても嬉しい知らせが SARU さんからやってきました。

代々木上原の新鮮な魚を中心とした姉妹店 Fresh Seafood Bistro SARU(通称:海SARU)

に続いて、《 山の”いのち”をいただこう。》というコンセプトで山SARUを考えていますと。

 

 

 

わーっ!うちは紛れもない山、ここは山だよっ!と喜びました(笑)

 

 

 

 

そしてお店を休んでスタッフ全員で牧場に来てくれました。成長した牛のSARUともご対面

です!そして、学芸大学に Lodge Bistro SARU がオープンしたのでした。

毎月ステーキを中心に安定的に Emeat を食べれるお店として、これまでたくさんの我が家の

牛さんが登場し、その度に冊子を作成し、その冊子の中には「月刊!我が家のSARU」と題し

て毎月成長を確認してもらったりしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-wakasaru-05.jpg

 

 

 

そして今年、2016年の申(SARU)年、1周年を迎えたLodge Bistro SARUさんと

共に夢が叶いました!SARU年にSARUちゃんをSARUで!が始まります!!

 

 

 

 

Emeat では酢飯屋ちゃんを酢飯屋で!など当たり前のようになってきていますが、

皆さんは店舗名の名の付いた牛さんのお肉をその店舗で食べた事がありますか?

複雑な今だからシンプルな事ほど難しいのですが、親バカのパワーはとても強くって

いろんな問題を飛び越えちゃいます!お肉を扱うシェフやスタッフがその牛さんを全

員知ってるって、食の安心安全が求められてる中で、そのシンプルさってとっても魅

力的ですよね!料理人を超えた親心で創造されるSARUのSARU料理をぜひ楽しんで

下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは ↓
 


 

 


 


ロッジビストロ SARU (学芸大学店)

★ ( Click )  →  URL : http://saru-gakugeidaigaku.jp
★ ( Click )  →    Lodge Bistro SARU ( Facebook )


 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

08:26 | comments(0) | trackbacks(0)

息子4歳、初めての出荷経験。

 

 

Emeat-blog-syukka-09.jpg

 

 

 

息子(太一)も8月で5歳を迎えようとしています。

牧場育ちの人間嫌いで保育園に行くのを嫌がってた子が、今では当番だからとはりきって

登校するようになり、いっちょまえに牧場の仕事を自分なりに持っていてパパの真似をし

頭にタオルを巻いて重機乗って忙しそうです。

「保育園行きたいけどお仕事忙しいから休んでいい?」といっちょまえに言ってきます。

 

 

 

そんな4歳の息子が先週に初めて牛さんの出荷というものを経験しました。

もちろん赤ちゃんの頃から私の背中に乗って出荷に立ち会い、歩けるようになってからも

遠くからトラックに乗ろうとする牛さんに「モーちゃんがんばれ!モーちゃんがんばれ!」

と応援するように言ってたので、出荷にはほぼ毎回息子はいます。でも今回が私の感じる

息子の初めての出荷だったんじゃないかと感じています。

 

 

 

 

 

出荷について。

 

Emeatの活動としてお客さんの前に立つことが多いのですが、一番質問されるのは、

「名前を付けて出荷する時つらくないんですか?」という質問です。

この質問に対しては「言葉」というツールはとても不便に感じてしまいます。

何かを伝えると何かが抜け落ちる様で答えるのがとても難しいです。

今回の息子の出荷経験はそんな言葉に収まらない事を表している気がしたので書きました。

単純な言葉に収まらないそんな感覚を読んでいる人が少しでも感じて頂けたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-syukka-08.jpg

 

 

今回出荷するのは『 つばさ GO GO GO 』

人間関係だけが ”関係” の全てではない小さな息子にとって友達の出荷です。

 

 

息子が2歳半の頃、新幹線が大好きで熱中していました。特にパパの実家まで走る

新幹線「つばさ」は大好きで、牛さんに『つばさ』と名付けると大喜びしました。

それから3歳になると牛さんの中でも『つばさ』は特別になりました。

体が大きくなり、いる場所が変わっても「あ!つばさいた!」と指差す息子に驚いた

りしました。この子まだ字が読めないよね?顔で見分けたの?と。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-syukka-06.jpg

 

 

牛の『つばさ』も息子に慣れたのか息子が呼ぶと寄ってくるようになりました。

 

 

 

 

Emeat-blog-syukka-07.jpg

 

 

 

息子がいる時に牧場に訪れた人は覚えてると思うのですが、そんな自分が呼べば近づい

てくる『 つばさ 』を自慢したくてこの場所に何人もの人が連れてこられたはずです。

 

 

 

 

そんな『 つばさ 』は大きくなり出荷の日を迎えます。

数日前から「なんで?」「どこ行くん?」の質問攻めで、私達もちゃんと向き合って

答えました。そして、物音がすると「トラック来たん?」と飛び起きた朝。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-syukka-05.jpg

 

Emeat-blog-syukka-04.jpg

Emeat-blog-syukka-03.jpg

Emeat-blog-syukka-02.jpg

 

 

 

別に泣いたり暴れたりなんかしません。

ただ、息子が固執し何度も私に聞いてきたのは「つばさ君のお肉来るん?」でした。

 

 

 

あぁ、私達の Emeat を真ん中で一番強く支えてる芯はこれだ!

出荷は終わりではなく途中なんだ。途中にしたいから私達は必死にがんばるんだ!

初めての出荷を経験し、トラックを見送る息子の顔をみて感じた事は、これからも

牛飼いをしていく中で絶対に忘れられない大切な宝物になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-syukka-01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

00:32 | comments(0) | trackbacks(0)

伝えて食べて歩いていく。

 

 

Emeat-blog-SUSHI4-10.jpg

 

 

先週になりますが、不定期OPENの『寿司屋の牛レストラン』へ行ってきました。

第4回目のOPENですが、相変わらず慣れる事もないといいますか、毎回スライド

を用意するのですが、不思議とその時々に伝えたい事が毎回変わって、やっぱり

熱がある事の方が伝わるだろうと思うと1から作り直さなければなりません。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-SUSHI4-04.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-02.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-03.jpg

 

 

勝手に自前で刷ったTシャツ(食べた人にしか売らないTシャツ)をハンガーに

かけて飾ったり、千歳の絵に再開しながらお客さんを待っていました。

4回目ともなると人が集まるかな?と心配でしたが、やっとタイミングが合って

参加できた方や、前回参加して下さった方が違うお連れさんを連れてきてくださ

ったり、とても参加するんだ!という熱が感じれて胸が熱くなりました。

 

 

 

 

Emeat-blog-SUSHI4-01.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-05.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-06.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-07.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-08.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-09.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-15.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-14.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-11.jpg

Emeat-blog-SUSHI4-12.jpg

 

 

 

料理の方はもう言わずもがなです。料理人を超えた『 千歳 』保護者のような酢飯屋の

岡田大介さんの親バカ全開の千歳料理ですから!そりゃもう最高です。

とっても楽しい会はあっという間に終わりました。

 

 

 

何度も参加して下さったり、「酢飯屋ちゃん」時代からブロックを購入して楽しんで

下さってるお客さんも来て下さって、さんざん調理して楽しんでから「酢飯屋ちゃん」

を映像で見て胸が熱くなった!なんか取り込まれている酢飯屋魂が沸き立ったとか、

火入れした時の匂いが同じで、匂いって記憶と直結してるから思い出した!とかとか

楽しみまくった方からこその独特な感想を頂きました。

 

 

 

 

いやぁ、豊さん、Tシャツを刷って持ってくる農家もいないっすけど、料理を食べに

来て農家のブランドのTシャツが完売するってありえない事っすよ!しかもジャスト

サイズじゃないのにTシャツを買うとかって絶対特別なスイッチが入らないとTシャツ

って買わないっすから!つまり、エミートがやってる事ってそういう事なんですよ!

 

と岡田さんに言って頂き、ハッとなりました。嬉しい!

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-SUSHI4-13.jpg

 

 

 

 

そして、今回の寿司屋の牛レストランに参加して来て下さった中にレストランを営んで

るお客さんがいまして、ぜひウチでもやってみたいと翌日にご注文頂きました!

こうやって地に足が付きながら広がっていくのって本当に楽しいですよね!!

 

 

 

 

 

という事で、「 千歳 」のお肉はご予約で一般販売の分は全て完売しましたが、

今度はお肉とワインのプロである ONZI さんにて再び登場予定です。

 

 

8月5日(金)と8月6日(土)の2日間、onzi × 千歳のイベントを企画中ですので、

ぜひ、『 onzi   wine.french 』さんで最新情報をチェックしてみて下さい!

 

 

   onzi   wine.french の最新情報はこちらで   →   Facebook.com/onzi2013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              えみりんの旦那

 

 

 

 

 

 

 

 

 

00:12 | comments(0) | trackbacks(0)