<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

その日は牧場に来てもいいよ。

 

Emeat-blog-kengaku-01.jpg

 

 

 

『 第1回 石坂牧場にぷらっと来ていい日。 』 

 

 

【 日時 】   2017年4月29日(土) 10時〜16時の間ならいつでも

【 会場 】   石坂牧場  群馬県渋川市石原2257-50

【 会費 】   なし

【 食事 】   なし

【 持ち物 】特になし

【 基本 】   各自現地集合現地解散

【 内容 】   特になし

【 資格 】   海外へ1週間以内に行かれた方はご遠慮ください。

 

【 申し込み 】 氏名、人数、牧場に来る時間帯を info@gunma-emeat.comにて

       お知らせ下さい。

 

 

 

 

【 趣旨 】

 

 

「牧場いつか行ってみたいです!」「ぜひ牧場に遊びに来てください!」皆さんの前でお話する機会も増え気軽にこういった会話を交わしたとしても実際は観光牧場でもなく、日々仕事に追われ、決して綺麗な牧場という訳でもありません。何より生き物を飼っているので病気を持ち込みたくないので積極的に受け入れる訳にもいきません。逆を考えてみても、私がその見学したい先が好きであればあるほど相手に迷惑はかけたくないので遠慮してしまいます。だから、あえて、来ても良いよ!という日を設けてみました。特に何か用意してる訳でもありません。いつもの牧場の日常があるだけです。興味のある方は伊香保温泉のついでに29日(肉の日)に牧場に寄ってみるかな?というような軽い気持ちで来て頂ければと思います。そんなお互いが身構えないぷらっとユルい日になればと願っています。

 

 

 

 

Emeat-blog-kengaku-12.jpg

Emeat-blog-kengaku-02.jpg

Emeat-blog-kengaku-07.jpg

Emeat-blog-kengaku-11.jpg

Emeat-blog-kengaku-04.jpg

Emeat-blog-kengaku-03.jpg

Emeat-blog-kengaku-08.jpg

Emeat-blog-kengaku-06.jpg

Emeat-blog-kengaku-10.jpg

Emeat-blog-kengaku-09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-kengaku-13.jpg

 

 

 

実は今回、こんな企画を考えたのにも理由がありまして、それは牧場来ても良いよの4月29日からゴールデンウィークを挟んで、5月12日に寿司屋の牛レストランを開催予定なのです。

 

 

 

今回のお肉はもちろん、『 がんばれ!大山くん 』

寿司職人の弟子に入った大山浩輝(当時18歳)にせめて牛さんを出荷するまでの2年半は辛い修行でも頑張って欲しい!と応援する

気持ちで名付けた牛さんです。お互いの成長を確認するように牧場に何度も大山くんは訪れてくれました。そして、2年半経ち、料理人の大山くんが自分と同じ名のお肉を調理し提供します。

 

 

 

作り手が食材を目の前にして緊張する事、それを食べ手が緊張しながら見守る事。そんな事ってなかなかないと思うのです。それをより皆さんに体験してほしくて牧場に来ても良いよという日を今回

設けました。

 

 

 

牧場で牛さんを感じてからお肉に対面する。これって何か生々しい事かもしれませんが、本来見えないけど当たり前の事なんですよね。「いただきます」の暗いじめっとした食育や、活字にすると誤解も生まれますが、実際に牧場に来て頂ければ私達がいかに楽しく明るく牛さんと向き合っているか感じて頂けると思ってます。無事にお肉になった事がどんだけハッピーな事か。

 

 

 

ぜひ、そんな感覚を牧場行った後に寿司屋の牛レストランに行くというプランで体験してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 第6回 寿司屋の牛レストラン 』 

 

 

【日時】   
第6回 2017年 5月12日(金) 19時00分〜21時30分
前回までの様子はこちらからどうぞ!
http://www.sumeshiya.com/sushi/2015/06/1-1.html

 

 

 

【タイムスケジュール】
19時00分〜19時30 牛飼い石坂さんからのお話
19時30分〜    お食事会スタート

 

 

 

【場 所】
『酢飯屋』 文京区水道2-6-8
      

 

 


【最寄駅】
地下鉄 有楽町線 『江戸川橋駅』 4番出口から徒歩3分

 

 

 

【お品書き】
・季節野菜の肉味噌添え
・ステーキ(2部位食べ比べ)クラタペッパーで
・炭火焼肉 こだわり抜いた自家製焼肉のタレで
・牛司(すし)・ s ushi
・大山くんの牛チャーハン
・エミートスープ

 

 

 

【会費】
12,960円(税込) 限定16席
※お飲物代は別料金となります。

 

 

 

 

【第6回 寿司屋の牛レストラン お申し込みフォーム】
_____________________________
ご氏名(ふりがな)
携帯番号
ご住所 〒  
E-mailアドレス  
ご一緒される方のご氏名(ふりがな)
ご紹介者様名 (いらっしゃれば是非お書きください)
_____________________________

ご参加を希望される 方は、参加フォームにご記入のうえ
info@sumeshiya.com までご連絡下さいませ。
参加費は事前お振込みでお願いしております。
参加ご希望の方は5月2日(火)までに
参加費のお振込みをお願い致します。
ご入金確認が出来次第、受付完了とさせていただきます。

【お振込先】
______________________________________________
三井住友銀行
(店名) 本店営業部
(普通)2366556  株式会社酢飯屋
______________________________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)

保育園すみれ組



Emeat-blog-maki-01.jpg

 

 


春、卒園、卒業の季節ですね。
息子も今日で年中である「すみれ組」が終わります。

 

 

 

 



 

 

 

入園した時に牛さんに名付けた『保育園入園ちゃん』や保育園に入った時のひよこ組の『小森先生』もすでに出荷してお肉になりました。ひよこ組の小森先生は今では結婚し子供も生まれています。出荷して寂しがった太一はまた牛さんに『小森先生2』と名付けました。

 

 

そして、ちゅうりっぷ組の時に名付けた『あやこ先生』も出荷間際です。本当に月日が経つのは早いものです。

 

 

 

 


 

 

 

最初はパパママから離れるのが嫌で保育園行きたくないと言い出し、物心が付いてくると家の方が楽しいから行きたくないと言い出し、家の仕事が忙しいから、風邪かもしれないゴホゴホと棒読みで大根芝居をするくらいずる賢くなってきた息子。

 

 

 

そして、妹が誕生しての「すみれ組」でしたので大丈夫かな?と心配していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、そこに現れたのは新人で若くて美人の『まき先生』だったのです。

 

 

 

 

「はやく保育園いくよっ!」

「さっさと準備して!早く行きたいんだからっ!」

 

 

 

なんなんだコレは!幾ら何でも露骨で単純すぎるだろ(笑)あえて言おう、そうかお前はちゃんと男子になったんだな?

 

 

 

 

 


改めましてまき先生、甘えん坊だが保育園ではいい子を演じて家に帰ると爆発するキングオブ内弁慶の息子は妹が産まれたらどうなるんだろう?と恐怖すら感じていましたが、まき先生降臨のおかげで大丈夫でした!今では手紙やピアノまで家で必死に練習してる姿をみると遺伝と成長を感じざる終えません。いつも明るい笑顔をありがとうございました。







 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

そんなハレの日にすき焼きはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 








 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)

がんばれ!大山くんの贈答用すき焼き販売

 

Emeat-blog-osukiyaki-02.jpg

 

 

 

『 がんばれ!大山くん 』の贈答用リブロースすき焼き500gを20Pの数量限定で販売中です!!春のハレの日にぜひ☆

 

 

 

 

 

『 がんばれ!大山くん 』の詳細はこちら →  『 がんばれ!大山くん 』

 

 

 

ショップはこちらです ↓

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すき焼きの作り方は、以前に「我が家のハレの日のすき焼きの作り方」として食べながら好き勝手に楽しく作るのがコツと言いました。その時は緑の中に赤!という事を意識していましたが、今回はなんとなく白いキャンパスの中にお肉!をイメージして作ってみました。

 

 

名前の通り、すき焼きですから旬を楽しみながら味わいたいですよね!

 

 

 

 

 

 


Emeat-blog-osukiyaki-01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)

Emeat × 酢飯屋 × がんばれ!大山くん

 

 

Emeat-blog-ooyama-21.jpg

 

 

 

牧場に寿司職人の岡田さんが最初に訪れたのは2010年、その時に生まれた子牛に息子さんと同じ『 結 -ゆい- 』という名前付けた事から紡いでいく物語の数々。


2015年、『 酢 飯 屋 』ち ゃ ん を 酢 飯 屋 で

2016年、  一頭買いではなく寿司屋の血統買い『 千 歳 』

 


そして、2017年に結の3番目の子『 がんばれ!大山くん 』がいよいよ始まります。


 

 

 

Emeat-blog-ooyama-22.jpg

 

 

 

今から2年半前、Emeat がようやく動き出し、酢飯屋さんが当時昼のランチで初めてEmeatを使い始めた頃に、寿司職人である岡田大介さんの息子さんと同じ名の我が家の母牛『 結 』が3番目の子を産みました。

 

 

 

「友達や知り合いに寿司職人ってどれぐらいいますか?日本といえば寿司ですが、実は数える程度の人か、もしくは全くいなかった

りするんです。今では海外の方の寿司職人の方が実は日本人の寿司職人よりも多くなってるのが現状です。だから、私がカウンターを取っ払って、楽しんで、しっかり儲けも出して、かっこよくて、若い人がこぞって寿司職人を目指したくなるような寿司職人になりたいんです」

 

 

 

そう語っていた岡田さんの元に当時18歳の 大山浩輝 くんが弟子入りしました。

 

 

 

 

 

大山浩輝くんが酢飯屋に弟子入りするまでの経緯は、彼が20歳を迎えた時に書いた熱い長文がありますので、興味あるかたは

 

 

 

 

こちらから↓

 

 

( Click! )→ おおやまひろき・オオヤマヒロキ・大山浩輝・HIROKI OYAMA

 

 

 

 

 

「結の3番目の子の名前なんですが、最近18歳の子が酢飯屋に入ったんです。そこで「大山くん」という名前にするのはどうでしょうか?」

 

 

と岡田さんの提案がありました。岡田さんは大山くんにすごい期待しているな!とその時に感じました。

 

 

 

「友達や知り合いに寿司職人ってどれぐらいいますか?」という質問は、「友達や知り合いに牛飼いってどれぐらいいますか?」に簡単に切り替わるような感覚を持っていたので、18歳が弟子に入ったという知らせは、まるで自分達の事のように嬉しかったのです。この大山くんが出荷するまではなんとか頑張って欲しい!そう思って岡田さんに提案しました。

 

 

 

 

 

 

「大山くんの名前の前に爐んばれ!瓩辰読佞韻討いい任垢?」

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-02.jpg

 

 

 

耳が大きいのが特徴の『 がんばれ!大山くん 』は順調にすくすくと育っていきました。雰囲気は『 酢飯屋 』ちゃんにそっくりです。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-04.jpg

 

 

 

 

打ち合わせやイベントで酢飯屋さんに顔を出すと、大山くんも元気に育ってました。Emeat を使った「まかない料理」を大山くんがよく作っていて、岡田さんに「お前やべぇの作ったな!」と言われてるやり取りがとても微笑ましかったです。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-05.jpg

Emeat-blog-ganbare-06.jpg

Emeat-blog-ganbare-14.jpg

 

 

 

大山くんが牧場に訪れ、初めて『 がんばれ!大山くん 』と対面しました。普段、牛の『 がんばれ!大山くん 』の事を「おーちゃん」と読んで管理しているので、人間の大山くんが来ても距離感が分からなくなって、気軽に「おーちゃんはさぁ」と話しかけてしまうのでした。

 

 

 

それくらいに何か可愛いといいますか、成長に繋がるような事をしてあげたい!という気持ちで、子牛に「名付ける」という事を体験してもらったり、岡田さんもやってもらった「牛に手を入れて生まれる前の子牛を感じる」というマニアックな体験もしてもらいました。

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-08.jpg

Emeat-blog-ganbare-13.jpg

 

 

それから、友達と一緒だったり、バイクで一人で来たり、何度も何度も時間を見つけては『 がんばれ!大山くん 』や名付けた『 金目鯛 』や出荷間際の『 千歳 』の様子を見に来てくれました。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-09.jpg

 

 

大山くんは Emeat若牛 として通常の肥育期間の半分での出荷を計画していました。その時に大山くんも駆けつけてくれたんですが、この時に『 がんばれ!大山くん 』は膝を痛めて、餌もあまり食べなくなり、みるみる痩せてしまっていたのです。

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-10.jpg

Emeat-blog-ganbare-12.jpg

 

 

 

当時、若牛を始めたばかりで試行錯誤の中ということもあったり、データや若牛というブランドの勢いを保つためになんとしても若牛として出荷したいという気持ちがばかりが焦っていたりして、正直悩んだのですが、やっぱり今出したらこの子の能力は正直発揮させてやれない!しっかり膝を治して、万全の状態で送り出したい!と思って、岡田さんに理解して頂き、絶対に治す!と誓いました。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ganbare-03.jpg

 

 

その話をすると、大山くんは「実はすごい共感しちゃって。私も順風満帆という訳でもなく、この2年半で本当に辛い事もあったし、心がどうしても乱れて手を包丁でざっくりいった事もありました」としみじみ話していました。

 

 

正直、膝を痛めた時期というのは牛さんにとって大事な時期にさしかかっていたので出荷の時まで戻るのか不安でした。

 

 

 

 

Emeat-blog-ooyama-23.jpg

 

 

 

 

でも、『 がんばれ!大山くん 』は最後にびっくりする位グンと伸びたのです!姿形、そして穏やかな性格までも最後は『 酢飯屋 』ちゃんと瓜二つでした。枝肉重量610kg、霜降りも困るくらいビッシリと入っていて、お肉をカットした職人もすぐに2年前の『 酢飯屋 』ちゃんを思い出して「これ同じ血統だろ?』と驚き、毎日すごい数のお肉を捌いている職人に覚えられている事に嬉しくなりました。

 

 

 

さぁ、いよいよ2年半の修行をした寿司職人の大山浩輝くんが共に成長した『 がんばれ!大山くん 』に対面します。

 

 

 

 

もちろん、寿司屋の牛レストランや酢飯屋さんでも『 がんばれ!大山くん 』は登場しますし、精肉の販売も準備が整い次第行っていく予定です。

 

 

 

 

 

ぜひ、そんな『 がんばれ!大山くん 』一緒に楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)

関係者さんへの成長報告

 

 

 

昨年末は忙しくてブログをほったらかしてご心配おかけしました。

特に Emeat に自分が関連した牛さんがいる方は成長はどうかな?と思ったかと思いますので、先ほどパパパッと撮ってきました。

 

 

本日は台風のような強風が吹き荒れていますが、服やカメラを隙あればデロッデロに舐め回すくらいに牛さんは元気ですよー。

 

 

 


 

 

色んなシェフで酢飯屋ちゃんに一頭入魂関係

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-01.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-02.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-07.jpgEmeat-blog-ushiphoto-19.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-27.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-32.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-18.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

シェパード中央家畜診療所関連

 

Emeat-blog-ushiphoto-29.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-13.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-08.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-04.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-24.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-28.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-31.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

吉牛ツアーズ

 

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-35.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-03.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-05.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-06.jpg

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

domitune

 

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-11.jpg

 

 

 


 

 

 

・IKU

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-15.jpg

 

 

 

 


 

 

 

・削蹄の藤田さん

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-16.jpg

 

 

 


 

 

 

Serendip

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-14.jpg

 

 

 


 

 

 

COLORS ltd.

 

Emeat-blog-ushiphoto-30.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-20.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-22.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-17.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-33.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-25.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

Ume+

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-23.jpg

 

 


 

 

 

Onzi wine.french

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-10.jpg

 

 

 


 

 

 

Lodge Bistro SARU

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-12.jpg

 

 

 


 

 

 

フレッシュミート佐久平

 

 

Emeat-blog-ushiphoto-21.jpg

Emeat-blog-ushiphoto-26.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16:20 | comments(0) | trackbacks(0)