<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

やっぱり牛が好き(2)

A BATHING APE のアニマル缶バッチの中にありました!
私は裏原といわれる世代でもありまして、高校・大学時代には大変お世話になったファッションブランドです。
今では世界的になってしまったり、キティーちゃんと一緒にデバートでも見かけるほど認知されていますが、その世界の中にもちゃんと黒い牛ちゃんがいる事に何かうれしくなりました。
大きな黒い目、鼻のもこっとしてる所や、ぼーっとしてる感じがとても可愛いです。
____
ファッションのブランドの缶バッチ繋がりという事でこんなのもありました。
こちらは HOLLYWOOD RANCH MARKET の缶バッチです。
可愛い黒い牛さんも、もっともっと認知されておしゃれなファッションにどんどん取り入れられればなぁ〜と思います。
その牛さんの魅力を一番伝えられるのは一番身近で接している私達牛飼いなので、お肉としてだけでなく、いろんな方向から牛さんのいろんな魅力を伝えられればなぁ〜とかそんな事も未熟ながら考えています。
何てったって、私はやっぱり牛さんが大好きなので(笑)
23:29 | comments(6) | trackbacks(0)

やっぱり牛が好き(1)

という事で、今さらながら私は牛さんが大好きです。
気がつけば部屋には女の子らしい物よりも牛さんグッズがありふれています。
私は白黒の乳牛のホスルタインではなく、お肉の黒毛和種の牛飼いなので、黒い牛さんグッズをなるべく集めています。白黒のホルスタインに手を出すといっぱいグッズがあって予算的にも手に追えないというのもありますが・・・でも、あまりにもカワイイのは白黒でもブレーキが効かず買っちゃいますが・・・|▽`)
といっても和牛の牛さんグッズはなかなか世の中で見かけないので 、海外の肉牛グッズが多くなってしまいますが、それでも黒い牛さんグッズはなかなかありません。
でもたまに出会う素敵な黒い牛さんグッズ。
この「たまに」というのが私には丁度良く(お財布的にも)コレクションというよりは御朱印集めのようにライフワークとしてのんびり集めていこうと思っています。
まずは持っているものから、ゆっくりとここで紹介していけたらなぁと思います。
まずは Schleich(シュライヒ) です。
ドイツの子供向けの玩具を扱うメーカーでハンドメイドで実物を忠実に再現して世界中の子供達(ホントは大人達?)を魅了してやまない定番の一品です。
こんなに小っちゃいのに細部まで本当にリアルでさすが!って感じですね。オス牛のキリッとした顔と可愛らしさと、メス牛の優しく強い感じが本当にリアルです。
実はこちらは和牛ではなくイギリスの肉牛のアンガスです。
かなり前のもので、私が見つけた時はすでに生産終了していました。ど〜してもシュライヒは欲しかったので、こっそり落札しました|▽`)オークション
実はこのシリーズには仔牛もあって、今となってはなかなかお目にする事も難しい状況です。いつか欲しい・・・悔しいのでサイトで見つけた写真だけでも載せておきます。
23:29 | comments(8) | trackbacks(0)

おかちゃん

 

 

入籍したという機会もあって、おかちゃんをEmeatとして送り出す事ができました。
おかちゃんはH20.7.3生まれの女の子
血統は平茂勝×北国7の8×安平
おじいちゃんの遺伝を強く引継ぎ、モモ肉にサシがしっかり入ってました。
のんびり、おっとり、マイペースな性格でしたが、ブラッシングされるのが大好きでその時はおっとりした性格はどこへやら(笑)バーゲンセールの時のおばちゃんのように大きい男の子を押しのけて寄ってくるような可愛らしく、たくましい性格でした。
____
前回の「伝える」という反省点も踏まえて、今回はパンフレットを充実させました。それでも作る度に欲が出て、これからどんどん厚くなって行きそうで恐いです。
格付けが分からなくなるくらい綺麗なお肉でびっくりしました。味も甘くて香りがあって濃厚だけど、もっと食べたくなるような感じでおいしかったです。
そして、おかちゃんかなり美味しかったよ〜という声が届き、安心と嬉しさでいっぱいです。
ありがとう、おかちゃん!!
11:29 | comments(2) | trackbacks(0)

養牛の友

 

 

養牛の友」という一般の人からみれば、かなりマニアックな雑誌なんですが、私達牛飼いにはかなりメジャーな雑誌に2ページもの特集を組んでもらい載っちゃいました・・・|▽`)
「ちょっと牧場を見学させてもらって、牛さんをちょこちょこっと撮らせて下さい」とラフに聞いてたのですが、GINZA ORIKASA さんでの試食会までガッツリと書いて下さり、本当に光栄です。
今年一番びっくりした事も起こりました。
な、な、なんと、この養牛の友の12月号の表紙が、ウチの増本君です!!!
見た瞬間、ええっ!何で? とビックリして腰が抜けそうになりました。私以上にビックリしてくださる人もいて、見たよー!という連絡があったり、子牛の小屋の造りで表紙がウチだと気づいてくれる人もいました。
増本君はポカポカ陽気の中、気持ちよさそうに寝ながら小屋の外に顔だけ出しているいつもの見慣れた可愛い写真なのですが、読んでくれた人の中には元気なのか元気じゃないのかどっちかな?と思った人もいたので、名誉挽回で増本君を撮ってきました(笑)
牛飼いにとってのメジャー誌の表紙デビューおめでとう!増本君!!
牧場に遊びに来てくださった時に産まれたので、お名前を頂いた中国物産の社長の増本さん、増本君がやりましたよーーーっ ヽ(´▽`)/ バンザーイ
_____
最近、面白いと思ったBRUTUSの牧場特集
いつか載りたいな〜
・・・|▽`)ヒョウシモ
23:29 | comments(4) | trackbacks(0)

鼻環と耳標

「なんで牛は鼻に輪っか付けてるの〜?」
「耳に黄色いの付けてるのはなんで?」    
と、よく聞かれるのですが、、、
「牛の鼻の輪っかはねぇ、鼻が牛さんの急所で、大っきな牛さんを小っちゃな人間がいざって時にコントロールする為に付けておいてるんだよ」
「牛さんの耳に付いてるのは耳標と言って、10桁の番号がそれぞれ書いてあって、日本の牛さん全てに義務化されて着いてるの。その番号を調べるだけで牛さんの生まれや引っ越しの履歴が分かるの。日本の食の安全への意識の高さが分かる取り組みだよね。」
と、未熟な私は言葉足らずながら説明しています。
____
「恵美ちゃん、噂で聞いたんだけど、そろそろ?」
「はい、おかげさまで11月のお決まりの良い日に」
「あ〜!あの日かぁ、11月22日の良い夫婦の日でしょ?」
「いえいえ、良い肉の日に決まってるじゃないですかぁ〜」
「・・・」
「・・・」
「そ、そう、おめでとうね!!」
「ありがとうございますっ」
という変なやりとりをしながら(笑)
11月29日、わたくし事ではございますが入籍の運びとなりまして、これから夫婦共々といいますか、ますます家族一丸となって幸せな牛飼いをがんばっていこうと思います。
鼻環は以前から付いてたので、今回は耳標がようやく付けれたという感じかな?(笑)
23:29 | comments(8) | trackbacks(0)