<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ツイテルの母さん

 

 

第1弾 2014年 『 ろっくの母さん 』

第2弾 2015年 『 パンクの母さん 』

第3弾 2015年 『 草津温泉の母さん 』

第4弾 2016年 『 さくらんぼの母さん 』

第5弾 2017年 『 プンプンの母さん 』

 

 

 

 

 

いよいよやってきました。お母さん牛の幸せの循環を Tsui-teru! さんと一緒に作り上げて行こう!の第6弾『 ツイテルの母さん 』です!

 

 

 


 

 


 

これまでのおおまかな取り組みの内容はブログ右上の丸い『母牛』をクリック!もっと詳しいこれまでの取り組みは、右のカテゴリーの『Emeat × Tsui-teru!』をクリック!

 






 





東京中野の熟成肉とワインのお店『 Tsui-teru! 』さんとの付き合いも7年になります。熟成肉がブームになる前から先駆者として走っていたツイテルさんが牧場に来られた時に「正直言いますと我が家の肥育牛は熟成のいらないフレッシュミートをコンセプトに設計してますので合わないと思います。

 

 

 

でも熟成を否定してる訳ではなくて、それによって素晴らしいお肉になる牛さんを見てって欲しい」と母牛を見てもらいました。

 

 

 

母牛になるのはずば抜けてスペシャルな血統の良い牛さんで、子牛の生産から出荷まで一貫してやってる牧場だからこそ、母牛の偉大さを痛感しています。再肥育すればもっと美味しい牛さんになるのは分かっているけど、一般市場には再肥育の結果が反映されにくく、相対でないと評価されないから生産できないという話をしました。

 

 

 

 

 

 


 

母牛としての役目を終えてお肉になるタイミングは肥育と違って不定期ですし、お肉を1頭まるごとの取引でしか実現は難しいと正直に現状を話したところ「お肉のワンダーランドを目指すのでぜひ声をかけて下さい」と言って頂いて、夢だったEmeatのお母さん牛がスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時に理想肥育に記念で名付けた『 ツイテル 』君の出荷前に牧場に遊びに来てくれた時の写真です。理想肥育に『 ツイテル 』君と名付けたという事は何年先か分かりませんが『 ツイテルの母さん 』がツイテルさんで登場するかもですね!と笑って話してから7年、いよいよ今回登場するのが『 ツイテルの母さん 』です。

 

 

 

 

 

 

2000 . 4 . 12 . 生(18歳)     第5夏藤 × 正福 × 第3吉岡

 

 

『 ツイテルの母さん 』はただいま絶賛熟成中で、ただでさえ予約の取りずらい人気店のさらに春先で繁盛する3月に特別メニューとして登場します!来月もEmeatお母さん牛が出荷予定で今度はとっても若いお母さん牛になります。18歳と4歳のお母さん牛はどう違うのか?まさにお肉のワンダーランドですよね。ぜひ、ツイテルさんで『 ツイテルの母さん 』を楽しんで下さい。

 

 

 

 

 

 

 









★ ( Click )  →  Thui-teru! (facebook)  






 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)

Emeat × 酢飯屋 × 金目鯛

 

 

 

 

牧場に寿司職人の岡田さんが最初に訪れたのは2010年、その時に生まれた子牛に息子さんと同じ『 結 -ゆい- 』という名前を付けた事から紡いでいく物語の数々。


2015年、『 酢 飯 屋 』ち ゃ ん を 酢 飯 屋 で

2016年、  一頭買いではなく寿司屋の血統買い『 千 歳 』

2017年、寿司職人の弟子としての『 がんばれ!大山くん 』

 


そして、2018年に結の4番目の子『 金 目 鯛 』がいよいよ始まります。


 

 

 

 

 

「友達や知り合いに寿司職人ってどれぐらいいますか?日本といえば寿司ですが、実は数える程度の人か、もしくは全くいなかったりするんです。今では海外の方の寿司職人の方が実は日本人の寿司職人よりも多くなってるのが現状です。だから、私がカウンターを取っ払って、楽しんで、しっかり儲けも出して、かっこよくて、若い人がこぞって寿司職人を目指したくなるような寿司職人になりたいんです」

 

 

 

そう語っていた岡田さんの元に当時18歳の 大山浩輝 くんが弟子入りしました。

 

 

 

「友達や知り合いに寿司職人ってどれぐらいいますか?」という質問は、「友達や知り合いに牛飼いってどれぐらいいますか?」に簡単に切り替わるような感覚を持っていたので、18歳が弟子に入ったという知らせは、まるで自分達の事のように嬉しかったのです。この大山くんが出荷するまではなんとか頑張って欲しい!そう思って岡田さんに提案しました。

 

 

 

「大山くんの名前の前に爐んばれ!瓩辰読佞韻討いい任垢?」

 

 

 

それが昨年に大活躍してくれた『がんばれ!大山くん』でした。牛さんも弟子の大山くんも成長し、大山くんが全て考えて調理したのもを私達にふるまってくれたり、大山くんのお母さんから手紙を頂いたりととても素敵な時間を過ごす事ができました。

 

 

 

 

 

 

 

その寿司職人の弟子という成長の中で親方の好意で自分の名が付いた牛さんが存在し、その成長を見届けてお肉として再び対面し自分が提供していくというなかなか出来ない経験をしていく中で「牛さんに名付ける」という事も経験してほしいと私達は思っていたので、牧場に遊びに来た時にちょうど『ゆい』の子が産まれたので名付けてもらったのが今回の『金目鯛』ちゃんです。

 

 

 

 

 

 

理由は『金目鯛が大好きなんです』というストレートな答え。これまで息子、屋号、弟子という流れからの金目鯛だったのでいろんな方から流れが変わったね(笑)と言われましたが、『 酢飯屋 金目鯛 』でなんとなく調べてみると

 

 

 

 

 

 

いやいやいやいや、深すぎるだろ金目鯛への愛!!

空飛ぶ金目鯛、夏の金目鯛祭り世界初の銚子釣金目鯛生粕漬炙り丼300食を50分で完売国立新美術館での『お茶漬けの器』展での〈金目鯛の生粕漬け茶漬け〉、数々の一魚一酒、ランチ、家族、そして何より銚子が地元の友人と金目鯛で銚子を盛り上げようと『 銚吉屋 』という株式会社の立ち上げまでも...etc

 

 

 

もはや私にはまとめきれないほどの酢飯屋さんの金目鯛への愛と関係性が見えて、今回『金目鯛』ちゃんが登場するのも必然だったように思えてきました。寿司屋・酢飯屋さんの金目鯛のブログに牛の顔がドン!と出てくるのを想像するだけでワクワクします。

 

 

 

        酢飯屋ブログ→『 きんめだい・キンメダイ・金目鯛 』

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな愛される『金目鯛』ちゃんはEmeatとしては普段小屋の問題でなかなか難しかった出荷数か月前に隔離してマンツーマンで確実に仕上げの餌を食わせ込む事が出来たので、より酢飯屋さんを一直線にめがけての理想的な肉質になったと自信があります。

 

 

 

 

 

まもなく『金目鯛』ちゃんは酢飯屋さんにて登場しますので、ぜひ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)

やっぱり牛が好き(13)

 

 

 

 

 

最近息子がハマりにハマってるマインクラフト。

もちろん自分でプログラミングできる訳もなく自分でプレイではなくHIKAKINのマイクラ実況をひたすら見てる感じですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

681e26dfd07aed82389658e5d8362f7e.jpg

 

 

 

 

2009年にスウェーデンで開発されたゲームでゲームの売り上げ総数は1億本を超えたとされる根強い人気のマインクラフト。立方体のブロックで世界を構築していくんですがプログラミング要素もあるのがレゴとの違いで構築だけでなく自分の構築した世界を動かせるってのがハマる所でしょうか?

 

 

 

 

とはいえ、大人の私もやってみた事はあるんですが、チュートリアルもなく何もない世界に放り出されて途方にくれました。プログラミングなんてこの記事の文字色を変えるだけでも煙がでるほどなんで私は閉店ガラガラでした。「こうしなければならない」がないので説明書なんて必要ないんですね。だから途方にくれるんですが、子供は柔軟性が凄まじいので情報収集だって遊びになるんですね。毎日お風呂場で息子が「クリーパーが好きなんだけどアイアンゴーレムも好き」と訳の分からない単語で興奮しています(笑)

 

 

 

 

私も全くついていけてないんですが、このマインクラフトの世界観やアイテムやキャラのデザイン性が好きなのはついていけます。私もデザインとしてのクリーパーが好き。そんな訳でマインクラフトの牛さんのぬいぐるみを見つけた時は単純にデザインとして好きだったので買っちゃいました。

 

 

 

 

 

887961074413.jpg

 

 

 

このマイクラグッズも基本品薄で偽物もあったり高騰しているのでこれ以上手は出しませんがリバーシブルでひっくり返すとお肉になるというものもありました。

 

 

 

マイクラの宣伝みたいな記事になりましが、息子はプレイする訳でもなく実況をたまにみてるだけ、私はデザインが好きで牛さんを見つけて買っただけというただの牛好きです。牛さんのぬいぐるみの奥で笑ってる息子が好きなだけかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)

食べる牧場情報誌 -Emeat eat book-

 

 

 

 

 

 

食べる牧場情報誌 『 Emeat eat book 』  7,000円(税込)

 

 

 

 

昨年、試作でパンフレットを作ったのですが少し改良を加えて商品化しました。え? パンフレットが7,000円も? と思うかもしれませんが、そうなんです。

 

 

 

ジャーキー作った時は一番のお客さんはお土産屋さんではなく雑貨屋さん、お肉を自分で販売して一番卸してるのは焼肉屋さんではなくお寿司屋さん。という小さいながらも楽しく個人ブランドをやっていたらお肉はここにしか売れないという概念がなくなったのです。今は精肉をスキンパックという手法でパッケージにして超低温管理して冷凍で販売していますが、やはり冷凍のお肉という事で気軽に受け渡しができないのを窮屈に感じていました。

 

 

 

その反面、「気軽さ」ばかりを追求するとEmeatの本質である牛さんを伝えて送り出すという事と反対に行ってしまうような気がするし、なんとかうまい事いかないものか?と考えていました。そこで思いついたのが食べる牧場情報誌という考え方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは牧場情報誌を7,000円で購入して頂きます。

そこには和牛の事、牧場の事、お肉が届くまでの事、これまでの料理などぎっしり書かせて頂きました。今の時代は情報を発信するのは制限がなく、訂正も発信もリアクションも早いSNS等が主流で便利なのですが、限られた文字数で間違いが許されない紙媒体に向き合った時はヒリヒリするような緊張感で伝えるという事に向き合えるので、芯むき出しの文章です。

 

 

 

 

 

 

 

 

普段は物言わぬ我慢強い牛さんの変化を黙々と受け取るのが牛飼いの仕事ですから、発信、ましてや本を作るというというのは正直しんどいのです。が、とある人の前で「あの雑誌に載りたいなぁ」とボソッと言ったところ「石坂さん違うでしょ?石坂さんの一番凄いところは牧場の雑誌を自分で全部作っちゃうとこでしょ?」と言われたのが本を作るきっかけになりました。

 

 

 

 

Emeat-blog-curry-04.jpg

 

 

 

そんな牧場の情報が書かれた本を読んでもらうと、最後のページにポケットが付いてまして、そこに『お肉引き換えハガキ』が付いています。トラブル回避や管理する為に本とハガキにはロットナンバーを刻印してあります。

 

 

 

そのハガキはお肉の送料を抜いた6,000円分の商品券みたいなもので、その「商品券付きハガキ」に氏名、電話番号、住所などを書くところがあります。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-curry-05.jpg

 

 

 

切手も貼ってありますので、必須事項を書いたら近くのポストに入れるだけ。そしてそのハガキが牧場に届きましたら、その書かれてる発送先に牧場から6,000円分のお肉を発送するという流れです。

 

 

 

お肉の部位や内容は選べません。が、選べない分だけお得になるようにという気持ちで箱詰めさせて頂きます。

 

 

 

 

 

これで冷凍のお肉は受け渡しでの「気軽さ」が無かったのですが、本には「保存」という概念がないので、いつでもどこにでも置けるし渡せると思います。もちろん誰かへのギフト、何かの賞品としてもいつでもどこでも大丈夫です。内容はみっちり牛さんの事が書いてあるので、知ってから食べるという1つの食育としてでも使えるかと思います。

 

 

 

(本を買って、ハガキに贈りたい方の住所を書いて牧場からお肉だけ誰かに贈るという事も出きますが、私はこんなの買ってない!というふうにトラブルの元になりますので、サプライズではなく、事前にご連絡をお願いします)

 

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-curry-03.jpg

 

 

 

 

そして、前回の記事『 恵美の育てた牛さんのカレー 』で次の記事をアップしてからカレーの販売開始します!と書いたのには理由がありまして、先着順で「食べる牧場情報誌」を買って頂いた方に1冊につきカレーを1袋プレゼントで付けたいと思います。

 

 

 

 

とは言いましても、カレーもそんなに在庫がある訳でもなく先着20名くらいです。Emeatオンライン直売所に『食べる牧場情報誌(カレー付)』という商品を20冊ほど別で出しますので、売り切れなら20名を超えたと思っていただければと思います。

 

 

 

 

※※注文フォームで発送はヤマトになっていますが、発送は4冊までなら全国一律360円のレターパックを使用します。(本の送料は別途で頂きます)ご注文確認メール(自動返信)の後に改めて合計金額のメールを送らせていただきます。

 

 

※※本とカレーにつきましては代金引換ができませんのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

販売は『 Emeatオンライン直売所 』←( Click! )にて

 

 

 

ぜひ、お肉を食べる前に牧場や牛さんの事を知ったり、お肉が届くワクワク感を感じたりするような胃袋だけでなく心も満たされるような商品になればと願っています。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-curry-08.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)

恵美の育てた牛さんのお肉カレー。

 

Emeat-blog-curry-02.jpg

 

 

 

こんにちは。三度の飯よりカレー好き、カレーは飲み物のエミートです。

 

 

 

 

娘がお腹にいる時に起こった妊婦さんあるあるの「あれが無性に食べたい!」って分かりますか?それは妊婦さんによっては氷だったりポテトだったりいろいろと聞きますが私の場合はカレーでした。検診を終えた足でカレー屋さんに行くので、いったい検診なのかカレー食べる為なのかという精神状態でなかなか外出する事のない牛飼いの私は家を出てましたがカレーのおかげで無事に大きい娘が生まれました(笑)

 

 

 

農家が6次化でカレーを作るのってなにかテンプレートのような気もして今までは積極的じゃなかったのです。私のような小さい農家がお肉を自分で販売するのは「幸せな牛飼い」への1つの手段に過ぎず、怒られるかもしれませんが趣味とかライフワークに近いものがあります。だからこそ妥協は絶対にしないし、楽し長く続けるためという自分の中の軸があるような気がします。

 

 

 

ですから、お肉販売する上で硬い部位をカレーにして販売しよう!という感じではなく今は休んでるジャーキーの時もそうでしたが、「うわっ!もしこれに我が家のお肉を使ったらどうなるんだろう?」というワクワクするものに出会った時に初めて商品化を考えようというスタンスでした。でも実はすでに出会ってたんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、酢飯屋さんがランチ時に出していた『岩手県宮古市の焼き鳥屋とりもとのやわらかチキンカレー』です。

 

 

 

 

同じくカレー好きな寿司職人が惚れ込んでランチの定番メニューとしてずっと支えてきたカレーです。とりもも丸ごと入ってるインパクト、そしてそれを超えるスプーンでほぐれる絶妙なやわらかさの衝撃、家のカレーとは違うスッとキレのいいスパイス感に隠れる消えてない野菜の旨味!正直惚れました。

 

 

 

 

酢飯屋さんが仕込んだ焼肉のタレを食べた時もそう思いましたが、誤魔化す為ではなく、こだわって選んで作った単純な素材の持つ掛け算の味。我が家のお肉も絶対に美味しさが掛け算で表現できるカレーだ!と思い、すでにカレーを試作で作ったこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャーキーの時もそうでしたが、誤魔化す為にやるわけではないので良い肉を入れたらどうなるんだ?と素人考えで発注し、見事にお肉が溶けて消えたカレー。肉感はなくなってしまったけど、味はそれはそれは最高でした!そこに若牛の肉感を上にプラスした豪華すぎるカレーは大評判でした。

 

 

 

 

このランチを出していた酢飯屋さんことsuido cafeさんは移転を機にランチを予約制のお寿司コースのみになったので、あのカレーを恋しく思ってる人も少なくはないと思います。

 

 

 

 

今では同じく「とりもとさんのカレー」に魅せられた『食のショールームPaRs 』さんがオンラインストアを立ち上げて『とりもも一本カレー』として販売しています。その紹介ページにも書かれていますが、とにかく日本で一番小さいかもしれないカレーのレトルト工場の「とりもと」さんのこだわりが半端ないのです。

 

 

 

素材本来の美味しさを引き出す為に無添加にこだわって作りたいのだが、原材料が難しいので自ら無農薬有機の玉ねぎを栽培するほど。そんな玉ねぎを40kg→8kgになるまでじっくり炒めて甘みを出していたり、手間暇がかかってるお肉への火入れだったり、とにかく凄いんです。そしてなによりお肉を通して小さいながらもこだわってる方々との繋がりがこうやって出来ていくのが楽しくてしかたありません。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-curry-12.jpg

 

 

 

牧場の作るお肉カレーなので、お肉の量をこのサンプルの倍にして塊にして下さい。というわがままに快く答えてくれて、時には単価を逆に心配されたりしましたが、販売とかはともかく、一番このカレーを食べる気でいるのは私ですので(笑)という言い分で作って頂きました。「けっこう火入れ大変なんだよ?」という言葉に感謝しかないと感じたお肉の絶妙なやわらかさと味!!

 

 

 

 

 

Emeat-blog-curry-10.jpg

 

 

 

カレーから飛び出す塊のお肉はインディペンデンス・デイの宇宙船を初めて見た時のような衝撃でした(笑)お肉カレーという言葉にまったく引け目を感じないナイフが必要なお肉カレーです。

 

 

 

こんなにも贅沢にお肉を塊でお願いしたのはカレーにすることで愛情込めて育てたお肉が誤魔化されるのではなく、とりもとさんのカレーだとお肉がカレーで引き立つんだと感じたからです。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-curry-06.jpg

 

 

 

すでにいろいろと試しながら食べていますが、塊のお肉が入ってますので通常の湯煎よりも長めの方がいいと思いました。でもたった8分であのカレーが手軽に食べられるかと思うとぜんぜん短く感じます。

 

 

 

 

Emeat-blog-curry-01.jpg

 

 

 

値段は 864円(税64円)

4個までなら全国一律360円のレターパックにて発送します。

 

販売は『 Emeatオンライン直売所 』←( Click! )にて始めようと思います。

 

 

 

 

 

が、次にアップする記事でカレーがお得になる企画も計画中ですので、販売日はその記事が出てからオンライン直売所でスタートになります。乞うご期待です!

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-curry-13.jpg

 

販売予定のものが日に日にどんどん減っていきます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)