<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

杉浦印房さんで 川井くん のお肉

 

 

Emeat-blog-kawai-01.jpg

 

 

 

二人の結婚式にエミートを使って大切な方をもてなしたい!から始まって、杉浦印房という名のお店をいつかオープンしたいと夢を見て子牛に名付けて間に合った「杉浦印房を杉浦印房で」

 

 

そして、前回の「 onzi 」でお肉を通じてお店が繋がっていくふしぎ。

 

 

ずっと杉浦印房さんでエミートが途切れる事なく続いているありがたさ。

そして杉浦さんも勉強熱心で毎回違った部位をチャレンジしてくれて、今回で1頭分のそれぞれの部位を扱った事になります。同じ等級の同じ部位を安定的に欲しいのが基本的な受け取る側の要求のはずですが、エミートさんのあの肉質と脂質なら大丈夫!という事で受け入れてくれる懐の大きさ、これ本当に凄い事です。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-kawai-03.jpg

 

 

 

今回の『 川井くん 』というのは牛さんの餌屋さんの営業の方の名前です。

誰やねん!知らんがな!と思っちゃうでしょうが、繁殖、育成、肥育、経産、そして開発中の若牛といろんなステージを扱う我が家の牧場の餌の種類は本当に沢山で、仕入先もたくさん、タンクもたくさん。でも総数は少ない小さな牧場ですので、傷まないように仕入れの際に作る人、運搬する人、いろんな人が動いてやっと牧場に新鮮な餌が届きます。

 

 

営業マンの名前を付けるのは、サービスしてくれるように!娘の名前なんか付けると効果覿面!うっしっし。という邪な心も半分きっちりありますが(笑)でもこれが私達のやりたい牛飼いなんです。牛さんのお肉は実は物凄い数の人の手が作ってるんです。牧場やお肉屋さんだけじゃありません。

 

 

 

川井くん「いつからですか?両親にお店に行けるか聞いてみます」

 

 

 

もう、これだけで今回のお肉は大成功なお肉だと思ってます。

 

 

 

Emeat-blog-kawai-02.jpg

 

 

そして、お肉の牛さんが変わっても次の杉浦印房さん由来の牛さんの成長報告が冊子を通して出来ている事にしあわせを感じています。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-kawai-05.jpg

Emeat-blog-kawai-04.jpg

 

 

そんな川井くんをぜひ杉浦印房さんで楽しんでみて下さい!

ぜひ杉浦印房のHP等で最新情報を確認し楽しんでみてくださいね。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

http://wine.sugiurainbou.com

 

 

営業時間

月〜金 18:00〜02:00(01:00 LO)

日   17:00〜23:00(22:00 LO)

土        お休み

※上記の日程以外でお休みの場合や、営業していることもあります。 

詳細は営業日カレンダーまで

 

電話番号

03-6228-3363

住所

東京都中央区新川 2-13-6 明正ビル1階

mail

sugiura.info@gmail.com

 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)

牛肉握り寿司20(トゥウェンティ)

 

 

Emeat-blog-20-8.jpg

 

 

 

昨年から話題の酢飯屋さんの牛肉握り寿司コースはご存知ですか?

 

 

 

上のバナーでもとびきり存在感のある写真のアレです。一流のお寿司屋さんにとってお肉の握り寿司に手を出すのは邪道という見方をする人がいるなか、いやいや肉、魚、野菜はどれも同じ。息子の名前の付いた母牛から生まれた牛さんを全てまるっと血統買いしてるお寿司の道は凄いです。お肉の寿司だけで20種類のバリエーションが出来るのか?そこには肉、魚、野菜、調味料、製法、文化、歴史が全て詰まった酢飯屋さんのベスト版がありました!

 

 

 

 

Emeat-blog-20-1.jpg

Emeat-blog-20-2.jpg

Emeat-blog-20-3.jpg

Emeat-blog-20-4.jpg

 

 

 

どーーーん!!キング・オブ・インスタ映え!!

この登場した時の幸福感を体験した方だけのものにしたくて、今回は「20」という邪魔くさいフィルターをあえてかけさせて頂いて投稿しています。それでも漏れてくるこの迫力!!(今回は特別に23種類出して頂きました)

 

 

 

 

 

Emeat-blog-20-5.jpg

Emeat-blog-20-6.jpg

 

 

あまり自身の写真は載せない私ですが、あまりに凄い顔をしていたので今回は載せました。無理矢理ふり絞っての20のバリエーションではなかった!厳選した20種類。こんなに変わるのか?ってくらいのフルコースです。肉寿司だけで23貫で飽き?重い?いやいや、誰かに盗まれたかってくらいの瞬殺でした。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-20-7.jpg

 

 

 

一貫一貫、大山くんの説明を聞きながら食べ、岡田さんがじっと見守り、私の感想を聞いて嬉しそうにし、この味はやばいでしょ?とみんなで盛り上がる。何ですかこの幸せな時間は!

 

 

 

「1年前でも無理だったかも。それくらい現在進行形の酢飯屋の全て。それが出来るのもエミートの力強いベースがあってこそで、魚だと出来ないね」

 

 

 

Emeatの今の一番の顧客ってどこですか?と聞かれ「東京の小さなお寿司屋さんです」と答えると目を丸くして、「え?焼肉屋さんとかじゃなくて?寿司屋さんで牛1頭を消費出来るの?寿司なのにお肉なの?」と今まで沢山びっくりされてきましたが、お肉の寿司だけのコース、それがちゃんと1つの凄い作品として成立してる事に本当にビックリしました。ぜひ皆さんも体験してみて下さい!紹介しますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

http://www.sumeshiya.com

 

 

〒112-0005

東京都文京区水道2-6-8

 

 

お寿司のご予約は【完全紹介制】【完全予約制】となっております。当日予約の受付はおこなっておりません。

 

 

 

牛肉握り寿司コース(←link)

 

 

 

 

 

8種類の味でEmeatの食材魂を感じていただける

・『牛肉握り寿司8(エイト)

 

 

12種類の味でEmeatを堪能できる

・『牛肉握り寿司12(トゥウェルヴ)

 

 

20種類の味でお楽しみいただけるボリュームたっぷりの

・『牛肉握り寿司20(トゥウェンティ)

 

 

ご予約時に上記3つの中からお選びください。

ランチ、ディナーで牛肉握り寿司コースのみでのご予約はもちろん、通常の寿司ディナーコースにさらに追加でのご予約もいただけます。追加をご希望の方は下記サイトよりご予約の際、備考欄にご希望追加コースを記載くださいませ。

 

 

 

酢飯屋ご予約ページはこちらになります。
http://www.sumeshiya.com/sushi/

 

 

【20種類の味のバリエーション】

 

・塩胡椒
・生胡椒醤油漬け
・ケイパー
・ネギ塩ごま油
・落花生味噌
・自家製豆板醤
・自家製醤油麹
・ぬか漬け
・粕漬け
・玉ねぎポン酢
・カカオ塩
・柚子酢味噌
・茶塩
・いちじくペースト
・塩、黄身酢
・自家製焼肉のたれ
・太切り干し大根土佐酢巻き
・刻みガリ軍艦
・いぶりがっこ酢飯で
・自家製タバスコ

 

 

 

コース内容とお肉の部位に合わせて美味しいものを味付けさせていただきます。ご予約お待ちしております。

 

 

 

 

 

16:26 | comments(0) | trackbacks(0)

杉浦印房さんで onzi のお肉

 

 

Emeat-blog-inbonzi-05.jpg

 

 

 『 杉浦印房 』を杉浦印房で!も好調で在庫も少なくなってきた中でクリスマスや年末年始に向けて感謝の意味も込めてEmeatさんのお肉の違う部位も使ってみたいけど、なにか特別なお肉ありますか?ということで『 onzi 』のお肉が杉浦さんのところでも活躍しています!

 

 

 

『 onzi 』という牛さんの物語はこちら → 『 onzi × Emeat × onzi 』

 

 

 

Emeat-blog-inbonzi-06.jpg

 

実は onzi の石川夫婦と 杉浦印房 の杉浦夫婦は 酢飯屋さん で行われた Emeat のイベント『 第5回 寿司屋の牛レストラン 』にたまたまお客さんとして参加して頂き、同じテーブルで私とワイワイと語り合った仲だったのです。 そうはいってもその時はお客さんとして参加して下さっただけなのでしたが、今回がきっかけで、1頭の牛さんの部位をそれぞれお店でどう使っていくのか調整したり、お店に食べに行ってくれたりといつの間にか onziのお肉チーム になってました。

 

 

 

お店同士がライバルになるのは簡単だけど、1頭の牛さんを通して繋がっていくってほんと凄いですよね!

 

 

 

 

Emeat-blog-inbonzi-01.jpg

Emeat-blog-inbonzi-03.jpg

Emeat-blog-inbonzi-04.jpg

 

 

 

クリスマスの特別メニューを今回も杉浦印房さんに来ていたお客さんと牛さんの話をしながら一緒に楽しみました。「オンジちゃん本当に美味しかった!onziさんって場所どこ?今度行ってみる!」というお客さんもいて、牛肉ではなく「オンジちゃん」や、「他のお店に行ってみる」という普通はありえない会話が杉浦印房で自然に流れていく様子に感動しました。

 

 

これからどんなメニューが出てくるのか楽しみです!

ぜひ杉浦印房のHP等で最新情報を確認し楽しんでみてくださいね。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

http://wine.sugiurainbou.com

 

 

営業時間

月〜金 18:00〜02:00(01:00 LO)

日   17:00〜23:00(22:00 LO)

土        お休み

※上記の日程以外でお休みの場合や、営業していることもあります。 

詳細は営業日カレンダーまで

 

電話番号

03-6228-3363

住所

東京都中央区新川 2-13-6 明正ビル1階

mail

sugiura.info@gmail.com

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)

ゆうこ母さん始まってます。

 

Emeat-blog-ttr-yuko-02.jpg

 

 

 

昨年末、いよいよ『 ゆうこ母さん 』の熟成が解禁ということで、東京中野の Tsui-teru! さんに行ってきました!

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ttr-yuko-09.jpg

Emeat-blog-ttr-yuko-11.jpg

Emeat-blog-ttr-yuko-10.jpg

Emeat-blog-ttr-yuko-04.jpg

Emeat-blog-ttr-yuko-03.jpg

 

 

牧場に来てくれたスタッフさんも変わりなく、相変わらずの熟成庫は宝石棚のようでした。ここに入ってるだけでゆうこ良かったね!と思ってしまいます。

 

 

 

Emeat-blog-ttr-yuko-07.jpg

Emeat-blog-ttr-yuko-06.jpg

Emeat-blog-ttr-yuko-05.jpg

 

 

 

そして、特別に出してもらった各部位をオーナーの鈴木さんと緊張しながら試食していきます。経産牛は肥育牛と違って産歴や年齢やタイミングなどシステマチックに出来ないので個体差も出やすく、本当に一口食べてみるまで緊張するのですが、こうやって同じチームのように緊張しながら食べる鈴木さんもいることで、心強く、幸せだなぁと感じます。

 

 

 

 

Emeat-blog-ttr-yuko-08.jpg

 

 

 

「柔らかっ!そして甘みが後からガツンと来る!!」

 

 

 

 

食べた後に鈴木さんと握手するような感覚の味でした!やっぱりお母さん牛になるような本来スペシャルな血統だから凄いね!と確認して、次はいよいよアレも出来るかもしれませんというワクワクするような話をしました。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-ttr-yuko-01.jpg

Emeat-blog-ツイテルゆうこ.jpg

 

 

 

 

 

 

ぜひ、Tsui-teru! さんで ゆうこ母さん楽しんで下さい!

 

 

 

 

 

 

 


 

 




★ ( Click )  →  Thui-teru! (facebook)  






 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)

あけましておめでとうございます。


Emeat-blog-2019-10.jpg



明けましておめでとうございます。

 

 

2018年は現場の地盤を強固にしながら、お肉の販売をちょっと少なくして自分達が何をやりたいのかもう一度見つめ直す年になりました。そんな中でもお店の名前を頂いた牛さんが実際にそのお店で提供されるなんて夢のような話が3件も続いたりして、ずっともがいてきたこれまでの事が報われたというか、充実した1年だったと思います。関わって下さった方ありがとうございました。梅雨明けくらいからまたお肉だったりカレーだったり本だったり、喜んでいただけるものを模索して楽しみながらやっていく予定ですのでよろしくお願いします。

 

 

 

 


牛さんと一緒にしあわせを育てる。









今年もよろしくお願いします。




 

 




_____




さて、ここからは毎年恒例の年始一発目のお話です。
もはや形式美を追求していますので、興味のあるかたは2012年から順番にぜひ☆


2012年 →  Emeatにっき 「あけましておめでとうございます2012」

2013年   →      Emeatにっき   「あけましておめでとうございます2013」

2014年 →  Emeatにっき 「あけましておめでとうございます2014」

2015年   →      Emeatにっき   「あけましておめでとうございます2015」

 

2016年   →      Emeatにっき   「あけましておめでとうございます2016」

 

2017年   →      Emeatにっき   「あけましておめでとうございます2017」










さて、毎年恒例の年賀状の関係でずっと書けなかった話です。

 

 

 

 

 





昨年の11月29日(いい肉)の日の事です。

1年に1度のいい肉の日、いい夫婦(11月22日)を完全無視して入籍した結婚記念日です。毎年この日には滅多に出来ない家族で外出し、年賀状の写真を牛さんの前で撮るという事をやっています。去年は喪中で無かったけど、さすがに今年は県外とか行ってられない!!

 

 

 

 



すると、

 

 

 




夫「あのさぁ、その日は桐生に行きたいんだけどどうかな?」

 

私「桐生は前に行ったよね?大丈夫?(牛いるの?)」

 

夫「さすがに県内の牛のヤツは撮りつくしたし、県外行く時間もない。もう開き直って『桐生 牛』で検索したらあった!」

 

私「桐生市すごい!」

 

 

 

 

 




とにかく今年もあまりに時間がないので桐生市に出発だ!

 

 

 

 

という事で、いい肉の記念日は車で1.5時間の桐生市の山上城跡公園に行くことになりました。

 

 

 

 






____



 

 




天気は気持ち良い秋晴れ。

本当にここに牛さんはいるのだろうか?






Emeat-blog-2019-06.jpg

 

 

いたぁーーーーっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 


Emeat-blog-2019-08.jpg
Emeat-blog-2019-01.jpg

Emeat-blog-2019-07.jpg

Emeat-blog-2019-03.jpg

Emeat-blog-2019-02.jpg

 

 

よし、良い尻!(職業病)

子供達も大はしゃぎで無事に年賀状撮影も終えました。

なんか大事な事を忘れてる気がしてましたが、あ!そういえば!

 

 

 

 

・・・(´д`) オニク










今年も相変わらず牛にまみれた1年になると思いますが、よろしくお願いします。




 

 

 

 

 

 

 



 





 

 








年賀状2019









 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)