<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< そうざいや杉浦印房 | main | 千住燗呑ん × Emeat × 千住かんのん >>

エミート炊き込みごはん改

 

 

 

 

 

『恵美の育てた牛さんのお肉と岩手のこだわり食材達の炊き込みごはん。』という新商品の紹介を以前ブログで行いました。その時にもうちょっとだけ改良したいんだよなぁと呟いてました。親しい人からは「まだこだわるの?笑」と言われたのですが、それが改良の改ではなく怪になったとしても自分が納得するまでやった方が楽しいじゃないですか。

 

 

 

いや、ちょっと待って!その前になんで岩手?なんで炊き込み?名前がラノベ並みに長くない?という疑問を持った方は、前回の記事にどうぞ!

 

 

 

( Click! ) →  Emeat にっき 『恵美の育てた・・・炊き込みごはん』

 

 

 

 


 

 

 

改良したかったポイントですが、『もっとお肉の味を』『しゃもじで切りたい』『玉手箱感』です。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-炊き込み改-06.jpg

 

 

袋の中身は前回と同じで、岩手のこだわり食材達(椎茸、野菜、油揚げ、等)とすき昆布、エミート、ミニ冊子が入っています。

 

 

 

 

Emeat-blog-炊き込み改-05.jpg

Emeat-blog-炊き込み改-04.jpg

 

 

研いだ2合のお米にお好みの水分で調整し(個人的にはお水は0.5合分少なめかな)

 

 

 

 

Emeat-blog-炊き込み改-08.jpg

 

 

最後にすき昆布をベットにエミートをドン!

 

 

 

 

鳥もとさんにワガママを言って改良して頂いたのはここです。前回はブロック状にお肉をカットして頂いたものを均等に袋に入れてもらいましたが、今回はカレーのように塊のお肉をドンと乗せたかったのです。多面的なお肉を100g縛りで均等に分けてく作業は本当に大変でブロックより手間がかかります。もしかしたらバラツキがどうしても出てしまうかもしれません。

 

 

 

 

それでもお願いしたのは、繊細なお肉の味が消えないようにと、エミートカレーのスプーンでお肉を切ってく感をしゃもじでやりたかったのです。そして、個人的に炊き込みごはんの一番の醍醐味は玉手箱感です。重箱を開ける時の浦島太郎のワクワク感。

 

 

 

 

Emeat-blog-炊き込み改-10.jpg

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-炊き込み改-07.jpg

 

 

 

家族を炊飯器の前に呼びつけてからの「せーの!ドロン!!」で炊飯器の蓋を一気に開け、炊き上がった煙の中に徐々に見えてくるラピュタ感!父さんは嘘つきなんかじゃなかったんだ!ラピュタは本当にあったんだ感です。(カレーの時はインディペンデンスディ、炊き込みの時はラピュタと怪走してるかもしれません笑)

 

 

 

 

Emeat-blog-炊き込み改-03.jpg

Emeat-blog-炊き込み改-02.jpg

 

 

 

しゃもじでお肉が切れるやわらかさに夢中になって混ぜすぎてお肉が行方不明にならないように注意してください。オススメはお肉をいったん取り出し、他のを混ぜてから茶碗に改めて載せる(カムバックお肉方式)だとお肉をしっかりと味わえます!

 

 

 

 

 

Emeat-blog-炊き込み改-01.jpg

 

 

エミートを身近に。こんな時だからこそ食卓が明るくなる手助けが出来ればいいなという想いで、冊子やパッケージや袋詰めやらを夜な夜な牛飼い農家がやってますので今回もそんなに数は多くないのですが、ホームページ食べチョクで販売していますので、興味があればぜひ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | -
 

Comment