<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 杉浦印房 × Emeat × 杉浦印房 | main | ユルく脱線 >>

みちえ母さん

Emeat-blog-michie-01.jpg

 

 

 

第1弾 2014年 『 ろっくの母さん 』

第2弾 2015年 『 パンクの母さん 』

第3弾 2015年 『 草津温泉の母さん 』

第4弾 2016年 『 さくらんぼの母さん 』

第5弾 2017年 『 プンプンの母さん 』

第6弾 2018年 『 ツイテルの母さん 』

第7弾 2018年 『 徒競走母さん 』

 

 

 

 

 

お母さん牛の幸せの循環を Tsui-teru! さんと一緒に作り上げて行こう!の第8弾『 みちえ母さん 』です!

 

 

 


 

 


 

これまでのおおまかな取り組みの内容はブログ右上の丸い『母牛』をクリック!もっと詳しいこれまでの取り組みは、右のカテゴリーの『Emeat × Tsui-teru!』をクリック!

 


 

 

 

 

 

これまで、中野のツイテルさんと一緒に、Emeatのお母さん牛の価値を再構築していこうと取り組んできました。前回は18歳でA3というお肉と、4歳のA4で通常の肥育牛と書類が無ければ間違われるほどのお肉を連続で提供しました。

 

 

 

それらは経産牛というカテゴリーにも出来るし、石坂牧場牛というカテゴリーにする事も出来るし、A3とA4の和牛というカテゴリーにする事も出来ました。でも、そこには18歳と4歳という違いもあったし、お店の名前の付いた牛さんというのもありました。前回の「杉浦印房ちゃんの記事」にも書きましたが、小さな牧場の私達は名前を付けたり伝えたり、お店の方と同じ夢を思い描いたり、牛さんとの関係性や牛さんを通しての関係性をこれからも楽しんでいけたらなと思いました。

逆を言えば安定供給には弱いんですが、ツイテルさんの歴史を重ねた熟成技術で個性としてカバーしてくれるからこそ、この取り組みは成り立っています。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-michie-05.jpg

 

 

さて、今回の『 みちえ 』という名前の由来、それは祖母の名前です。

 

 

 

10年以上我が家の大黒柱として共にするので、お母さん牛に身内の名前を付けるのは珍しい事ではありません(たぶん笑)でも弊害もあって「みちえが発情っぽい」とか「みちえが下痢だった」とかの会話が人間なのか牛なのかごっちゃになるところです(笑)

 

 

牧場を経営してると両親は忙しく子供の相手をしてくれるのは爺ちゃん婆ちゃんだったというのも牧場あるあるですね(たぶん笑)ですから、孫は爺ちゃん婆ちゃんが大好きで『孫旅行』と称して年に1度は集まって楽しいところに連れ出していました。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-michie-04.jpg

 

 

これは75歳を過ぎた婆ちゃんに人生で初めて「箱の中身はなんじゃらほい」を体験してもらった時のです(笑)何をさしとんねん!という感じですが珍回答に深夜まで孫たちは爆笑するお茶目なお婆ちゃんでした。

 

 

 

爺ちゃんは12年前、みちえ婆ちゃんは一昨年に天国へ旅立ったのですが、牧場にはまだ爺ちゃん由来の『こいち』も頑張ってますし、今回の『みちえ』もお肉になって活躍してくれるので、ちょっと淋しいのもありますが、もちろん嬉しさが勝っています。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-michie-03.jpg

Emeat-blog-michie-02.jpg

 

 

 

そんな今回のお肉『 みちえ母さん 』をぜひTsui-teru!さんでお楽しみ下さい。

只今、絶賛熟成中ということで8月中旬から仕上がり次第提供できるとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




★ ( Click )  →  Thui-teru! (facebook)  






 

 

 

 

22:29 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/205