<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大阪のテッペンへ再び | main | 

徒競走母さん

 

Emeat-blog-tsui-tokyo-08.jpg

 

 

 

第1弾 2014年 『 ろっくの母さん 』

第2弾 2015年 『 パンクの母さん 』

第3弾 2015年 『 草津温泉の母さん 』

第4弾 2016年 『 さくらんぼの母さん 』

第5弾 2017年 『 プンプンの母さん 』

第6弾 2018年 『 ツイテルの母さん 』

 

 

 

 

 

お母さん牛の幸せの循環を Tsui-teru! さんと一緒に作り上げて行こう!の第7弾『 徒競走母さん 』です!

 

 

 


 

 


 

これまでのおおまかな取り組みの内容はブログ右上の丸い『母牛』をクリック!もっと詳しいこれまでの取り組みは、右のカテゴリーの『Emeat × Tsui-teru!』をクリック!

 


 

 

 

 

前回の念願の屋号の付いた牛さん『 ツイテルの母さん 』から間を空けず、5月に『 徒競走母さん 』がツイテルさんのGWの目玉商品として活躍してくれました。いつもは18歳くらいのお母さん牛なのですが、今回は自分の名前が付いてる4歳というとっても若いお母さん牛です。(ちなみに名前の由来は運動会で息子が徒競走で頑張った時に生まれた牛さんだからです)だから『 ◯◯の母さん 』の『の』が今回はありません。

 

 

 

 

同じ「お母さん牛(経産牛)」のお肉で、『 ツイテルの母さん 』は18歳でA3というお肉、『 徒競走母さん 』は4歳のA4で通常の肥育牛と書類が無ければ間違われるほど。あくまで格付けというのは品質の物差しという話で、収まらないものが他にもたくさんあるという2頭かもしれません。個人的にはお母さん牛の年齢の違いも興味ありますし、屋号の名前の付いたお肉と名前の付いたお肉というのも面白い違いだと思っています。基準を設けて安定した品質のお肉を頂くのも大事ですし、1頭ごとを楽しむのも面白いですよね。これが連続で出てくるのもさすがお肉のワンダーランドのTsui-teru!さんですが、でもそれはお肉を見て熟成方法を選択できるTsui-teru!さんの熟成技術があってこそだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回もTsui-teru!さんから貴重なお肉が我が家に送られてきました。長年連れ添った母牛だからこそ家族でお肉を食べて欲しいという心遣いに本当に感謝しています。こういった関係性が出来た事は本当に幸せで活動してきて良かったなとしみじみ思うのです。ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそれは美味しくて家族で一瞬でペロリでした。

特に2歳の娘に細かく切って与えてみると、最近覚えたての言葉「ねぇもっとちょ〜だ〜い」を連呼しながら食べている姿を見て本当に美味しいんだなぁと嬉しくなるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 ツイテルの母さん 』は特別コースとして大好評ですでに完売していて『 徒競走母さん 』はゴールデンウィークの目玉として単品でメニューに乗ってましたが、こちらもこの記事をアップする頃には完売してるとの事です。嬉しい!次はもしかしたら夏に?またお知らせします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/203