<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 保育園たんぽぽ組〜卒園 | main | 徒競走母さん >>

大阪のテッペンへ再び

 

 

 

Emeat-blog-otonashi-09.jpg

 

 

 

我が家と取引のある某営業マンさんの名前がついたお母さん牛が子を産んで、その方が大好きな「めぞん一刻」から名前を貰った子牛の『 音無響子 』さんは良い牛さんだったので繁殖牛に育成していましたが、生まれつきデリケートな問題を抱えていたのでどうしようかなぁと悩んでいました。

 

 

 

そこで思い出したのが、『中植ちゃん』でした。

大阪の能勢の中植牧場と出会い、お互いコンサルの先生が一緒という事で意気投合し、「若牛」という未来の牛さんプロジェクトに取り組む中で牧場同士の距離を深く縮める事に貢献してくれた《石坂牧場生まれ→中植さんと命名→石坂牧場育ち→リボン付きで中植牧場に嫁いで→肥育し仕上げたのちにお盆に販売→お肉が石坂牧場におかえり!》の『中植ちゃん』です。

 

 

 

 

 

詳しくは、Emeatの過去にっき ↓

 

『 Emeat × 中植さん × 能勢黒牛 』

『 リボン付き箱入り娘のその後 』

『 おかえり!中ちゃん。 』

 

 

 

 

 

中ちゃんによって、お互いがとっても幸せな繋がりとなり、機会があればまたこういう事をしたいね。と思っていたので聞いてみると「いつ持ってこれます?」との即答により、今回も牧場からコンサルの日を目掛けて531kmの大阪のテッペンまでダンプを運転して手渡しに行ってきました!

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-otonashi-05.jpgEmeat-blog-otonashi-06.jpgEmeat-blog-otonashi-02.jpg

 

 

 

 

同じコンサルの獣医さんですので、どちらの牧場も10年以上どっぷり把握されてますので受け渡しも超スムーズ。さっそく診断し、移動のストレスによるケアもバッチリです。我が家よりも毎月定期的にコンサルが行われてるので音無ちゃんの問題も胸を張って任せられます。

 

 

 

石坂牧場は完全に一貫して育ててますので、基本は子牛の導入も販売も行ってませんが、繁殖牛にしようと育成してたくらい秘めた能力は凄いと感じてる音無ちゃんが生まれつきのちょっとした問題に対して我が家で育てるよりも、プロ達の手によって能力を最大限に発揮されるだろうと感じたからこそ今回のお話になりました。

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-otonashi-01.jpg

Emeat-blog-otonashi-04.jpg

 

 

 

恵美も音無ちゃん寂しくなるけど頑張れ!とエールで送りたい気持ちが先走って前回のリボンに続き、今度は日の丸を付けて持って行って!!との要望に応えてみましたが、議会議員で議長でもある中植さんにこのご時世に日の丸付けた子牛持ってくってどうなの?(笑)と感じながらも付けてみましたがもちろん音無ちゃんのストレスになるので外しました(笑)でも、その頑張れって気持ちは伝わったようです。

 

 

 

 

 

子牛の生産からお肉の販売まで完結しているような石坂牧場なので、普段はあまり同業者との横の繋がりは薄いので「音無ちゃんめっちゃ食べてますよ!」といった何気ない中植さんからの報告に元気を貰っては現場に力が入ります。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-otonashi-08.jpg

Emeat-blog-otonashi-07.jpg

 

 

 

能勢黒牛、能勢黒若牛も頂いて、相変わらずのレベルの高さに感銘し、牛歩でもやっぱりこの道を進んでいこうと思った大阪のテッペンでした。中植さんありがとうございました。『 音無響子 』さんをよろしくお願いしますっ!!

 

 

 

 

 

 

 

能勢黒牛ホームページ → http://nose-kuroushi.jp

能勢黒牛Facebook  → https://www.facebook.com/nosekuroushi/

丸昭精肉店 → http://nose-kuroushi.jp/marusho.php

新橋亭 → http://nose-kuroushi.jp/shinbashitei.php

 

 

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/202