<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< やっぱり牛が好き(13) | main | ツイテルの母さん >>

Emeat × 酢飯屋 × 金目鯛

 

 

 

 

牧場に寿司職人の岡田さんが最初に訪れたのは2010年、その時に生まれた子牛に息子さんと同じ『 結 -ゆい- 』という名前を付けた事から紡いでいく物語の数々。


2015年、『 酢 飯 屋 』ち ゃ ん を 酢 飯 屋 で

2016年、  一頭買いではなく寿司屋の血統買い『 千 歳 』

2017年、寿司職人の弟子としての『 がんばれ!大山くん 』

 


そして、2018年に結の4番目の子『 金 目 鯛 』がいよいよ始まります。


 

 

 

 

 

「友達や知り合いに寿司職人ってどれぐらいいますか?日本といえば寿司ですが、実は数える程度の人か、もしくは全くいなかったりするんです。今では海外の方の寿司職人の方が実は日本人の寿司職人よりも多くなってるのが現状です。だから、私がカウンターを取っ払って、楽しんで、しっかり儲けも出して、かっこよくて、若い人がこぞって寿司職人を目指したくなるような寿司職人になりたいんです」

 

 

 

そう語っていた岡田さんの元に当時18歳の 大山浩輝 くんが弟子入りしました。

 

 

 

「友達や知り合いに寿司職人ってどれぐらいいますか?」という質問は、「友達や知り合いに牛飼いってどれぐらいいますか?」に簡単に切り替わるような感覚を持っていたので、18歳が弟子に入ったという知らせは、まるで自分達の事のように嬉しかったのです。この大山くんが出荷するまではなんとか頑張って欲しい!そう思って岡田さんに提案しました。

 

 

 

「大山くんの名前の前に爐んばれ!瓩辰読佞韻討いい任垢?」

 

 

 

それが昨年に大活躍してくれた『がんばれ!大山くん』でした。牛さんも弟子の大山くんも成長し、大山くんが全て考えて調理したのもを私達にふるまってくれたり、大山くんのお母さんから手紙を頂いたりととても素敵な時間を過ごす事ができました。

 

 

 

 

 

 

 

その寿司職人の弟子という成長の中で親方の好意で自分の名が付いた牛さんが存在し、その成長を見届けてお肉として再び対面し自分が提供していくというなかなか出来ない経験をしていく中で「牛さんに名付ける」という事も経験してほしいと私達は思っていたので、牧場に遊びに来た時にちょうど『ゆい』の子が産まれたので名付けてもらったのが今回の『金目鯛』ちゃんです。

 

 

 

 

 

 

理由は『金目鯛が大好きなんです』というストレートな答え。これまで息子、屋号、弟子という流れからの金目鯛だったのでいろんな方から流れが変わったね(笑)と言われましたが、『 酢飯屋 金目鯛 』でなんとなく調べてみると

 

 

 

 

 

 

いやいやいやいや、深すぎるだろ金目鯛への愛!!

空飛ぶ金目鯛、夏の金目鯛祭り世界初の銚子釣金目鯛生粕漬炙り丼300食を50分で完売国立新美術館での『お茶漬けの器』展での〈金目鯛の生粕漬け茶漬け〉、数々の一魚一酒、ランチ、家族、そして何より銚子が地元の友人と金目鯛で銚子を盛り上げようと『 銚吉屋 』という株式会社の立ち上げまでも...etc

 

 

 

もはや私にはまとめきれないほどの酢飯屋さんの金目鯛への愛と関係性が見えて、今回『金目鯛』ちゃんが登場するのも必然だったように思えてきました。寿司屋・酢飯屋さんの金目鯛のブログに牛の顔がドン!と出てくるのを想像するだけでワクワクします。

 

 

 

        酢飯屋ブログ→『 きんめだい・キンメダイ・金目鯛 』

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな愛される『金目鯛』ちゃんはEmeatとしては普段小屋の問題でなかなか難しかった出荷数か月前に隔離してマンツーマンで確実に仕上げの餌を食わせ込む事が出来たので、より酢飯屋さんを一直線にめがけての理想的な肉質になったと自信があります。

 

 

 

 

 

まもなく『金目鯛』ちゃんは酢飯屋さんにて登場しますので、ぜひ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/193