<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< リボン付きの箱入り娘のその後 | main | プンプンの母さん >>

おかえり!中ちゃん。

 

 

Emeat-blog-nakanaka-03.jpg

 

 

大阪の中植牧場さんのご好意で『中植さん』こと通称『中ちゃん』帰宅!

 

 

 

中ちゃんのこれまでのお話はこちら ↓

 

石坂牧場からのお話 →  『 Emeat × 中植さん × 能勢黒牛 』

中植牧場からのお話 →   『 リボン付き箱入り娘のその後 』

 

 

 

そして今回が石坂牧場に帰宅するお話です。

中植さんはお店で『中ちゃん』を販売する前に私達にどうしても食べて欲しかった

らしいですが実際に送る時になにか迷いがあったらしいです。優しいですよね。

 

 

私達もお肉の販売や、いろんな繋がりや経験で ”出荷は終わりじゃなくて途中"

途中にしたいから私達は日々向き合うという感覚を持てたから、お肉が中植さん

から届いた時は嬉しいという感覚が爆発しました。それを中植さんに伝えると、

気持ちがスカッと晴れました!と言って頂きました。

 

 

 

 

Emeat-blog-nakanaka-04.jpg

Emeat-blog-nakanaka-02.jpg

 

 

子供達も当たり前のように『だれのお肉?』と聞いてきます。

『どこ?』ではなく『だれ?』というのが理屈っぽいのは大人だけなんではと

考えさせられます。答えはもちろん

『石坂産まれの中植育ち、カリスマ獣医はだいたい友達の「中ちゃん」だよ』

 

 

 

 

 

Emeat-blog-nakanaka-06.jpg

Emeat-blog-nakanaka-05.jpg

Emeat-blog-nakanaka-01.jpg

 

 

ちょうどお盆で帰省の姪っ子家族とワイワイと楽しく騒がしくお出迎え!

とろけるようなそのお肉は特に子供達の食いっぷりが素晴らしく、あっと

いう間の出来事でした。

 

 

なにか、我が家からリボン付きで旅立った箱入り娘が王冠を付けて帰って

きたような感覚。本当に幸せでした。

 

 

 

 

 

 

そんな『 中ちゃん 』は中植さんのお店で今なら存分に味わえます。

お盆期間中も休まず営業とのことでしたのでぜひ⭐︎

 

 

 

能勢黒牛ホームページ → http://nose-kuroushi.jp

能勢黒牛Facebook  → https://www.facebook.com/nosekuroushi/

丸昭精肉店 → http://nose-kuroushi.jp/marusho.php

新橋亭 → http://nose-kuroushi.jp/shinbashitei.php

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

08:54 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/188