<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大山くんの食材魂。 | main | リボン付きの箱入り娘のその後 >>

作り手なのか食べ手なのか

 

 

Emeat-blog-oobbq-04.jpg

 

 

 

『がんばれ!大山くん』を大山くんが提供した《第6回寿司屋の牛レストラン》

は大成功でした。自分の名の付いた牛さんを仕込み、生産者と一緒にお客様に

説明するんですからそもそも失敗なんてありえないんですが、言うなれば時間が

足りない!話は本当に尽きないという感じでした。

 

 

 

ここにいる誰が作り手なのか食べ手なのか。

牛レストランを始めた時はこの牛さんのお肉を育てた私達がゲストのような感覚

で説明し、牛レストランを楽しんでいったのですが、回を重ねるごとにお店に関

わる牛さんが登場し、料理人が牧場に遊びに来て体温を感じ成長を願ったり、

初めての一口を食べる前にものすごく緊張したり、そしてそんな事が伝わって、

「大山くんのこれはどこの部分?」というお客様の質問に大山くんの身体を使って

説明したりしてると当たり前のように「牛肉」ではなく「大山くんのお肉」として

受け入れられてるのを目の前で体験すると混乱するのです。

ここにいる誰が作り手なのか食べ手なのか。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-oobbq-03.jpg

Emeat-blog-oobbq-02.jpg

Emeat-blog-oobbq-01.jpg

Emeat-blog-oobbq-05.jpg

 

 

寿司屋さんに牛さんのお肉を食べにきてEmeatのTシャツを買って帰る

という相変わらずの違和感のある光景を見た後に、スタッフのまかない

飯という名の大山くんの取り合いを見て心の底からパワーをもらって帰路。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-oobbq-11.jpg

 

 

最近は庭にテントを出しっぱで隙があれば炭を起こし贅沢に『がんばれ!大山くん』

を家族で楽しんでいます。

 

 

 

Emeat-blog-oobbq-06.jpg

Emeat-blog-oobbq-07.jpg

Emeat-blog-oobbq-10.jpg

Emeat-blog-oobbq-09.jpg

 

 

とにかく子供達は外で食べるご飯が大好き。

いや、まて!1歳3ヶ月にしてその顔はなんだ?生命力丸出しの食いっぷりじゃ

ないか!もしや「外でご飯→お肉→やったー!」の方程式がすでに出来上がっ

てるんではないか?

 

 

ここにいる誰が作り手なのか食べ手なのか。

そう、レストランであってもウチであっても『がんばれ!大山くん』を前にしたら

みんな食べ手。答えはシンプルです。

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-oobbq-08.jpg

 

 

マイペースすぎて宣伝も何もしていないので、逆に周りから怒られる感じの私達

ですが、ここで宣伝しますと、『がんばれ!大山くん』のご家庭用のオンライン

直売所もメニューが充実してますので、ぜひ!

特にオススメは顔よりでかいサーロインです!

 

 

 

 

Emeatオンライン直売所はこちらです ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、渋川市のふるさと納税もやってますのでこちらもぜひ ↓

 

                                                                    ふるさとチョイス『 Emeat 』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14:36 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/186