<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Emeat × onzi × 千歳 × 千歳 | main | 秋と本で燃え尽き牛レストラン >>

SARUのお肉販売開始です。


Emeat-blog-saru-aki-03.jpg

 

 

 

お肉の販売はまだまだ始めたばかりで勉強中ですので、失敗を恐れずにマーケティングとかを考えるというより自分達が今やりたい事を楽しんでやるという気持ちで、毎回その時の自分達の中でテーマを決めて企画しています。これまでは、

 

 

 

「春のハレの日に贈るすき焼き」

 

「春だからBBQ」

 

「千歳の塊の肉に出会って企画して楽しむ夏」

 

 

を楽しみながら企画してきました。

そして、いよいよ食欲の秋に「SARU」のお肉が一般販売にて登場です!

 

 

 

牛さんなのにSARUの物語はこちらです ( Click! ) → 『 SARU × SARU × SARU 』

 

 

 

 

今回のテーマは 《 SARU と 秋 の 舌鼓 》 にしました!

 

 

やっぱり秋と言えば食欲!ゆっくりと自宅で豪華なお肉をしっとりと食べたいな!!みんなでワイワイの夏から落ち着いて、自分にご褒美的やしっぽりと誰かと楽しむ感じがいいな。いつもはステーキになるような高価な部位はレストランさんに卸してしまうんだけど今回はなんとか調整して豪華に行ってみたい!だって秋だし、虫の声に負けじと舌鼓を鳴らしたい!売れるかは分からないけどやってみたいな。という事で、今回の部位は、

 

 

 

Emeat-blog-saru-aki-16.jpg

 

 

牛さんの真ん中を贅沢に楽しみましょう!

部位に用途の違いはあっても優劣はないのですが、お肉は筋肉ですので動かない部分は柔らく、柵取り出来る面積も大きいのでステーキなどになるので高価になる部分です。

 

 

・リブロースのすき焼き 贈答用 500g 

 

・サーロインステーキ 300g

 

・ヒレステーキ 150g〜(不定貫)

 

・中落ちカルビ 300g

 

 

を販売したいと思います。サーロインは沢山用意してますが、リブロースとヒレと中落ちカルビは10個前後しか用意してませんのでお早めにどうぞ!

 

 

 

以前、我が家のリブロースのすき焼きの作り方はアップしたので

 →  (こちら☆)

今回の目玉の我が家のサーロインステーキの焼き方を書いてみたいと思います。

 

 

 

 


 


 

 

 

 

Emeat-blog-saru-aki-04.jpg

 

 

まず、サーロインという言葉だけでうっとりしませんか?

いろいろと焼き方を研究してるうちに、このサーロインへの気持ちや接し方はどこか恋愛感覚に似てるような気がしました。

恋愛のテク肉(ニック)的な・・・知らんけど。という事で焼き方のコツと恋愛のコツをリンクしながら説明してみたいと思います。(旦那)

 

 

 

 

Emeat-blog-saru-aki-05.jpg

 

 

焼き方のコツ:まずは急激な温度変化を防ぐ為に焼く30分前には冷蔵

                     庫から出してお肉を常温に近づけておきましょう!

                     焼く焼肉のようにひたすら焼く感覚だと厚みがあるの

                     で表面だけ焦げて中は生になってしまうので、

       牛脂を目一杯溶かして揚げる感覚です。

 

恋愛のコツ :一方的に相手の気持ちを考えずに想いを燃やしても、

       相手はレア。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-saru-aki-06.jpg

 

 

焼き方のコツ:できるだけフライパンの温度を上げて、お肉はあまり

       動かさないようにし、側面をじっと見て1/3位が焼け

       るのを待ちます。

 

恋愛のコツ :まずは正面に強い気持ちを伝える、横顔から伝わった

       かを確認する。

 

 

 

Emeat-blog-saru-aki-07.jpg

 

 

焼き方のコツ:ひっくり返したら中火にし、たまに焼き具合を見な

       がら良い頃合いになるまで焼いて旨味を全部閉じ込

       めちゃいましょう!

 

恋愛のコツ :ずっと同じ熱量で追いかけると相手は焦げます。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-saru-aki-08.jpg

 

 

焼き方のコツ:火傷に注意しながら焼いた後にすぐにアルミホイルで

       お肉をしっかり包みます。余熱を使って中に火を通し

       ていきます。

 

恋愛のコツ :火傷というリスクを冒して抱きしめるだけで余熱で

       中に火が通る。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-saru-aki-09.jpg

 

 

焼き方のコツ:アルミホイルの上からタオルを巻いてとことん熱を

       逃がさないように包みます。そしたら30分待ちま

       しょう。上級者はこの30分の間は開いたフライパン

       でソースを作ります。

 

恋愛のコツ :二人を包む布団は外気から身を守るというよりは

       私達の余熱を逃がさない為。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-saru-aki-10.jpg

 

 

焼き方のコツ:一度、焼かれた姿を見た空腹にこの30分は長く感じ

       ますが完成です!

 

恋愛のコツ :30分ですら遠距離に感じる若かりし頃。

 

 

 

 

Emeat-blog-saru-aki-11.jpg

 

 

 

 


 

 

 

【 商品紹介 】

 

 

 

Emeat-blog-saru-aki-14.jpg

Emeat-blog-saru-aki-12.jpg

Emeat-blog-saru-aki-13.jpg

 

 

 

今回のラインナップは、


・SARUの贈答用リブロースすき焼き(500g)

 

・SARUのサーロインステーキ(300g)

 

・SARUのヒレステーキ(150g〜)

 

・SARUの中落ちカルビ(300g)

 

 

商品は全て冷凍になります。
今回は別の企画で使用する為におまけのミンチは付きません。ごめんなさい。SARUの事、解答方法やステーキの焼き方などが詰まったミニ冊子も付きます。



 

 


2パックまでご購入の方、贈答用すき焼きのみご購入の方は60サイズのクール便で、3パック以上または贈答用すき焼きを含めた商品をご購入の方は、自分でも1パック食べてから誰かに贈れたりできるような内箱入りの80サイズのクール便で送らせて頂きます。

※自動返信の後に送料を含めたご注文確認メールを改めて送ります。




Emeat-blog-c-yakiniku-16.jpg



 

 

 



ご注文、支払いや送料の確認は、『 Emeatオンライン直売所 』にて確認下さい。
下の画像をクリックするとショップページに飛びます。
お待ちしています。


           ↓











 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/171