<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< S A R U × S A R U × S A R U | main | Emeat × onzi × 千歳 × 千歳 >>

牛飼いですが Tシャツ販売していいですか?

 

 

Emeat-blog-domi-19.jpg

 

 

どうも、えみりんの旦那です。

牛飼いの諸先輩方から遊んでねーで牛飼いに専念しろや!つか、せめて肉売れや!と飛んできそうなんですが、Tシャツを販売してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-15.jpg

 

 

 

 

もちろん本業は牛飼いです。

牛飼いといっても牛だけ見てればいいだけじゃなく、牛さんが能力を発揮できるように牛さんの環境を整えていかなければなりません。特に私達のような規模の小さい牧場ですと、業者さんを使うとお金がかかるので、大概の事はなるべく自分達でやるようにしています。時には牛舎をなおしたり、雨漏りをなおしたり、水道をなおしたり、大工や左官や溶接やいろんな仕事をしなくてはなりません。エミートという個人ブランドも始めたので、お肉の販売や営業やPOP作成など、毎年何かしら新しい事も学んでいかなきゃなんです。

 

 

 

その中で私が目指したいのは百の事が出来て一人前の『百姓』になる事です。お!この仕事は『百姓』のうちの何個目だな!と時には失敗したりもしながらもニマニマと仕事をしています。

 

 

 

ここ最近も、早朝に牛さんを出荷して、牛さんに朝御飯、子牛小屋の環境を良くしたくてコンクリート作業、草刈り、牛さんの管理、溶接作業、牛さんの晩御飯、牛さんに種付け、子供を風呂に入れて、夜中の見回りしてからの夜な夜なTシャツ作成という流れでした。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-16.jpg

 

 

 

体力的にも次の日に備えてTシャツを刷るよりも寝た方が絶対良いに決まってるんですが、楽しさと、あと絶対にこれはやりたい!という理由があるんです。

 

 

 

エミートの活動の中で、お客さんの前に立つ事がよくあるのですが、あるお客さんに言われました。『すっごい美味しくて楽しい会でした!この楽しさをエミートを食べた人達が共有できる場所があればもっと最高ね!ぜひ、そういう食べた人が繋がるコミュニティをいつか作って下さいね!』と。なるほど!確かに!それは自分に置き換えてもそうだっ!

 

 

 

しかしコミュニティを作るというのはマメでない私にとってはとってもハードルが高く、立場を置き換えて考えても、東北生まれの基本シャイボーイの私からすると、そのコミュに入るのもちょっと敷居が高く感じてしまう。そんな私が好きな事に出会ったりした時にどんな行動をしてるだろうか?そう自分を振り返った時にハッと気づいたのがTシャツを買うという事でした。お店、音楽、物、映画、イベントなどなど、私は好きなものと出会った時に絶対そのTシャツを買ってるな!と気付きました。

 

 

 

よし、だから私はコミュニティではなくTシャツを作ろう!エミートを食べた人だけが着れるかっこいいTシャツを!!と思ったのでした。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-12.jpg

 

 

 

Tシャツを作ろう!と思った理由のもう一つが近所の古着屋さんとの出会いでした。牧場から車で15分の榛名山麓の榛東村に DOMITUNE-ドミツネ- さんはあります。

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-10.jpg

 

 

東京で古着屋さんをやってた息子さんが、もともと実家が営む『とみつね』という老舗のスーパーの半分を使って古着屋さんとしてやっています。いやなぜに高崎市や前橋市ではなく榛東村という田舎でわざわざ古着屋さんをやるのか、その割にはネット販売も一切やってないし。こんな所にお客さんなんて来るのだろうか?と余計なお世話で勝手に心配してました。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-11.jpg

 

 

 

でも、これが遠くから近くからたくさんの人がDOMITUNEさんにやって来るんです。田舎でお店が小さいからこそ、入荷した古着を1着1着、我が子のように丁寧にかっこよく伝えていくスタイルは、なにか私達エミートと共感する事が多く、そして今日はお客さんが来なくて暇でしたので、こんなの作っちゃいました!という痺れるユルさ!でも置いてある商品は、なぜこんなアレが田舎のココで取り扱ってるの?という衝撃。

 

 

 

お店自体が自分の作品表現だからこそ、街ではなく実家を選び、古着屋という事でなくスタイルを追求しているお店です。だからこそネットではなく対面販売になんですね!そんな DOMITUNE さんには東京からオシャレな若い人達がわざわざ訪れる一方で、地元の農家のおじちゃんがスーパーに立ち寄るついでにDOMITUNEさんでふらっと作業着を買っていく。その何気なく買って着ているおじちゃんの作業着は若い人からしたらめっちゃかっこいい服だったりしたりして。

 

 

 

 

そして将来は榛東村の農家の人がなぜかオシャレだ!とか、そんな風になったら最高だなと思う訳です。まだまだ時間はかかるけど、私達のEmeatもこんな風に地元と繋がっていきたいな。

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-09.jpg

Emeat-blog-domi-08.jpg

Emeat-blog-domi-07.jpg

Emeat-blog-domi-05.jpg

Emeat-blog-domi-13.jpg

 

 

 

そんなDOMITUNEさんに出会って最初に購入したのがこれでした。まさに牛飼いが選びそうな古着ですが、スラングも入ってるので海外では着れません(笑)

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-14.jpg

 

 

 

そして、実際に販売しよう!と思ったのはDOMITUNEさんでこのGILDAN の無地のポケットTシャツに出会ったからでした。その素材の着心地と肌触りに感動し、これなら自分に納得して販売できる!と思ったのです。 

 

 

 

DOMITUNEさんでも人気商品なので、なかなか手に入らないのですが、ある時には買い占める勢いで購入しています。

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-01.jpg

Emeat-blog-domi-02.jpg

 

 

 

DOMITUNEさんオリジナルのオールドのdickiesをリサイズしたチノパンに大好きだと敬意を込めてDOMITUNEさんのオリジナルTにエミートを刷っちゃいました。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-03.jpg

 

 

さらにさらに敬意を込めて、生まれた子牛に DOMITUNE ちゃんと命名!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

【 販売するTシャツについて 】

 

 

 

Emeat-blog-domi-18.jpg

 

 

こんなに長く説明しましたが、販売するのはたった9点のみっす。

しかも、サイズも偏りマックスです。

 

 

まだまだ素人なんで1枚刷るのにすんごい手間がかかるんです。今回は9枚が限界でした。このブログもそうですが、このたった9枚販売するのにすんごい時間使ってるので、最初からそんな事を思いついてもやらない方が絶対に無難ですが、楽しいんですねこれが!

 

 

 

そして売れるかなんて分かんないけど、自分が好きなものと出会った時に そのオリジナルのTシャツを買いたいと思うタイプなんで、そんな自分に似た誰かの為にも用意しておきたいんです。普段は「寿司屋の牛レストラン」で対面で販売しているのですが、せっかく夏なんで、気まぐれでネット販売してみようと思った次第です。

 

 

 

 

Emeat-blog-domi-17.jpg

Emeat-blog-domi-20.jpg

 

 

 

 

・GILDANポケTに胸に牛さんのイラスト、右袖にロゴを入れた

 商品になります。

 

・1枚1枚それぞれインクのカスレ、ちょっと跳ねたインクがあり

 個人的にそこをヨシ!としていますので、ご理解ある方は購入

 してください。

 

・色は白とサンドカラーの2種類です。

 

・60サイズで送らせて頂きます。送料は別途でお客様の負担となります。

 

・アメリカサイズですので日本のサイズ感より大きくなっています。

 ぴっちりジャストで

 着たい方は1ランク下のサイズでいいと思います。

 

 

 

 

 

【 在庫 】

 

GILDANポケT / 白 / S    2点

GILDANポケT / サンド / S  2点

GILDANポケT / 白 / M     1点

GILDANポケT / サンド / L  2点

 

GILDANポケ無し / 白 / S    1点

GILDANポケT / サンド / L (Emeatセンターロゴ)  1点

 

 

 

 

【 購入条件 】

 

・エミートを食べた事がある方のみの販売となります。

 購入フォームに「エミートをどこで食べましたか?」という質問

 を設置しますので、お答えください。

 

・そもそも売れるかどうかさっぱりわかりませんが、9点しかない

 のでなるべくお一人様1点でお願いします。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショップはこちらになります ↓( Click! )
















 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/169