<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 和をつなぐ牛さん | main | 千歳の焼肉用パック販売 >>

Re:Action × Ume+ / SARU × Ume+


Emeat-blog-sugiura-024.jpg
 

 


前回の日記で書いた杉浦夫婦の結婚披露宴に『酢飯屋ちゃん』を使って自身が体験した事を自分の為に集まるたいせつな方々にも体験してもらいたい!という嬉しいご提案を実現すべく、式の限られた時間でおそらく伝えるキーとなるのは映像だと思いました。

 

 

映像と言ったら、「 食 材 魂 」というコンセプトに何度も現場に足を運び、メッセージではなく、作り手の想いを映像化していく映像のプロ『 Ume+(ユミタス) 』



しかし、彼らは世界2週してるほどのフットワークの軽さや、仕事というより自分の生き様としての活動をしてる人達なので超多忙ですし、自分と関係性の薄い仕事は基本受けません。こちらで映像を用意するんで差し込みとかしてくれないかな?肉で!とお願いしたところ、基本やりませんが、労働の対価がお金じゃないという所も含め、今回の出来事が食の可能性を広げるってことで多忙な中、快く引き受けてくれました。




Emeat-blog-sugiura-021.jpg
Emeat-blog-sugiura-022.jpg
Emeat-blog-sugiura-023.jpg




さすが、エミートと共に歩んできた事もあり、すぐに意図を理解し、映像のプロって感じで100%私達を自由に泳がせつつ、楽しみながら汲み取っていきます。














 


 

 

 

 






タイミングを逃して今になってしまったのですが、実はユミタスは都内初の若牛や現在唯一、エミートを常時食べられる東京学芸大の『 LODGE BISTRO SARU 』さんとの映像も手がけています。












最初にユミタスが SARU さんのお店でエミートを召し上がってくれた時の感想を今でも忘れられません。



美味しいを超えて嬉しいになり、感動を超えて驚愕し、通いたくなるを超えて働きたくなるお店で、エネルギーを噛み締めていく感動がありましたと。そして、もっと私達にとって嬉しい言葉が、第一声でした。




「安心しました」



Emeat が 扱われたお店に足を運んで食べた一言目が「安心しました」ってこれ完全に同じチームですよね。一方的にこういう意図の映像を作りたいから素材を集めるという従来の取材ではなく、年度も通って理解しあったからこその感想ですよね。本当に嬉しかった感想でした。


















 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/160