<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お肉の販売始めました! | main | お客様の声を超えて >>

あけましておめでとうございます。



Emeat-blog-2016-1.jpg



遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

 
昨年を振り返ってみると、六本木農園さんでの農家ライブから始まりTsui-teru!さんでの第2弾パンクの母さんジャーキー『大福』が発売前に完売、そして現在も常時 Emeat のお肉や若牛が食べられるLODGE BISTRO SARUさんのオープン!そして、寿司屋さんの1頭買いという奇想天外な事が起こり、200人規模の大きなイベント、そして濃密な食事会若牛の始動、我が家の中植ちゃんを中植牧場に牛肉サミット食肉学校への研修、そしてEmeat若牛の一般販売と、なにか表に出る機会の多かった1年だったと思います。



しかし、一見派手に見えても、表のその活動は牧場の1/10にも満たない事であり、軸はひたすら地味な事を継続していく職人のような事が牛飼いにはなにより重要な仕事になるんですよね。
昨年は Emeat 的にも新しい事に挑戦したので、いろんな事に時間が取られて、なんとか体力で乗り切りましたが、牛さんをみれていないという自覚もありました。毎日牛舎に行って牛さんを見ても、物言わぬ我慢強い牛さんからは何も伝わってきません。体や心が整っている状態で何かを意識して診る事でしか牛さんはみえてこないのが牛飼いの仕事であり、私達が誇れる部分なのです。



今回の日記もそうなのですが、子供の異常なハシャギっぷりを見てると、普段は仕事優先で親子3人で出かける事なんてめったにない事も反省しました。今年はプライベートでも忙しくなると思います。でもがむしゃらに理想を求めて新しい一歩を踏み出す事も止めたくない。あくまで目標は「しあわせな牛飼い」ですので、バランスをとりながら、見失わずに私達らしく歩んでいこうと思います。




牛さんと一緒にしあわせを育てる。









今年もよろしくお願いします。







____







さて、3日〜8日まで牧場都合によりお休みさせて頂いたオンライン直売所ですが、予想外すぎる嬉しい注文の数で、ステーキと焼肉用は全て売り切れになってしまいました。「大晦日に食べたよ〜めっちゃ美味しかった!」と新年早々にたくさんの方から感想も頂いて(みんな大晦日狙って食べるから販売直後は感想が少なくて不安でした笑)
大晦日ちゃんのおかげでとっても明るい年明けとなりました。ありがとうございます!残す所は多めに作った「外腿のスライス」「切り落とし」のみになります。どちらも残すところあと20個くらいなのでお早めにどうぞ〜!
次の若牛は春過ぎを予定してます。





_____




さて、ここからは毎年恒例の年始一発目のお話です。もはや形式美を追求していますので、興味のあるかたは2012年から順番にぜひ☆


2012年 →  Emeatにっき 「あけましておめでとうございます2012」

2013年   →      Emeatにっき   「あけましておめでとうございます2013」

2014年 →  Emeatにっき 「あけましておめでとうございます2014」

2015年   →      Emeatにっき   「あけましておめでとうございます2015」








さて、毎年恒例の年賀状の関係でずっと書けなかった話です。




昨年の11月29日(いい肉)の日の事です。
1年に1度のいい肉の日、いい夫婦(11月22日)を完全無視して入籍した結婚記念日です。さぞ、その日はおいしいお肉を食べに連れてってくれるんだろうな?と秋頃からずっと夫に・・・期待していませんでした!だって今年は天候良すぎで藁が豊作で集めるのにめっちゃ忙しい&お肉の販売に向けて徹夜級で毎日忙かったから!泣


すると、



夫「あのさぁ、その日は佐野に行きたいんだけどどうかな?」
私「あら、ここから1.5時間でいける!なんでまた(お肉は?)」
夫「今年は忙しくて無理だなと諦めかけてたら、ビビビってキタの」
私「やっぱりラーメン? 佐野にお肉ラーメンとかあるの?」
夫「いや、もうね、年賀状に困ったときは天満宮なんだよ!」
私「・・・(´д`)? 
夫「時間ないから年賀状取りに行くよ!」
私「・・・(´д`) オニク 



ま、まぁ今年もあまりに時間がないので、しょうがない!少ない時間で神社でリラックスして疲れをとってくれればいいわ。
いい肉の日にいい肉食べたーーーーい!と叫びたいけど、販売開始すればいつでも食べ放題が待ってるんだからいいわ。(食べ放題なわけではない)
という事で、いい肉の記念日は車で1.5時間の佐野市の天満宮に行くことになりました。





____





Emeat-blog-2016-19.jpg


天気は気持ち良い秋晴れ。のら猫が歩くのどかな佐野の街中にありました。こういう光景、落ち着くな〜。





Emeat-blog-2016-18.jpg
Emeat-blog-2016-17.jpg
Emeat-blog-2016-20.jpg


鳥居を潜って、綺麗に色づいたイチョウの木でほっこり。





Emeat-blog-2016-15.jpg


栃木県佐野市天神町  朝日森天満宮  に到着しました。


平安時代、藤原秀郷公の孫足利次郎太夫家綱、無罪の罪におとしいれらし時、太宰府天満宮に参籠一心不乱に祈念した処、ようやく冤罪がはれ、所領が安堵された。家綱はこの偉大な神恩を感謝し、唐沢城中の天神沢に天満宮を勧請して尊崇の誠をつくした。以後、佐野氏の累代及び一門は祖先の遣志を継承し守護神として崇敬してきました。その後、慶長七年(1602年)、時の城主佐野信義、幕末の命により佐野天明郷春日丘へ城を移すに際し、天満宮も現在地に遷座され、地名を冠し、朝日天満宮と称した。以来、佐野の氏神として、当地の人々より天神様と呼ばれ、親しまれてきました、天神町の町の由来はこの神社に由来する。







Emeat-blog-2016-12.jpg
Emeat-blog-2016-13.jpg
Emeat-blog-2016-14.jpg


この時期は七五三の季節でした。まもなく太一も5歳かぁ、はやいなぁ。




Emeat-blog-2016-4.jpg

この神社の印象はとっても爽快感があるんだけど落ち着く。





Emeat-blog-2016-2.jpg
Emeat-blog-2016-3.jpg
Emeat-blog-2016-10.jpg


参拝を済ませると、一心不乱にどんぐりを拾い始める息子。パンパンに膨らんだポッケが可愛くて、大きくなったなぁとしみじみ。この子がずっと笑顔でいれるような牛飼いにならないと!





Emeat-blog-2016-6.jpg

Emeat-blog-2016-7.jpg


い、いまんとこ、大丈夫そうだけど(笑)




という事で、目的のなで牛に到着しました。
どんな干支だろうが牛さんと一緒に年賀状用の写真を撮る恒例の1129の日。なぜ、困った時は天満宮に行こうと思ったのかは、牛さんとの繋がりのある神社だから。




Emeat-blog-2016-11.jpg



Emeat-blog-2016-5.jpg
Emeat-blog-2016-16.jpg


年賀状に登場した牛さんは新しいなで牛だったけど、やっぱり昔からのなで牛さんはとっても迫力があって、そして可愛くて大好き。






Emeat-blog-2016-8.jpg



唯一夫婦の共通の趣味である御朱印を書いてもらい満足で帰宅!










今年も相変わらず牛にまみれた1年になると思いますが、
よろしくお願いします。






 


 




 







年賀状2016











 
11:29 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/148