<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 牛さんをPHOTOとして撮ってみる(3) | main | シルクスクリーン >>

寿司屋の牛レストラン



 

 

いよいよ『酢飯屋ちゃん』のお披露目会として『 寿司屋の牛レストラン 』がオープンしました。秋に酢飯屋ちゃんの大きなイベントを用意しているのですが、それとは別に少数でディープでゆっくりと味わえる場所を設けたいと、岡田さんと何度も打ち合わせを重ねて、ようやくオープンする事になりました。

 

 

屋号が付いて出荷まで立ち会った『酢飯屋ちゃん』に対して岡田さんは、もはや、嫁入り前の娘を持つ頑固親父みたいな感覚になっていて、岡田さんの目の黒い内はよくわからないどこぞの食材と簡単に組み合わせる訳にはいかない!みたいな(笑)感じがとても面白く、暖かく、それだから信頼できると思いました。

 

 

そんな訳で、テーマは『 岡田さんが ”今” だから食べたい『酢飯屋ちゃん(牛肉)』を使った料理を素材にこだわり本気で調理 』で行きましょう!と決まりました。そして、生産者がお店に行けるときだけオープンする不定期レストランです。



 


 

 


岡田さんが今だから食べたい今回のメニューは、




酢飯屋ちゃん(牛)× 坪井さんの新玉ねぎ(七宝早生)× 倉田ペッパー(完熟コショウ)
                       =岡田さんが今食べたい牛料理(食材魂)


 

 

 

【日時】   
第1回 2015年 6月12日(金) 19時00分〜21時30分(石坂恵美さん)
第2回 2015年 6月19日(金) 19時00分〜21時30分(石坂豊さん)


【タイムスケジュール】
19時00分〜19時30 牛飼いさんからのお話
19時30分〜

【場 所】
『酢飯屋』 文京区水道2-6-6


【お品書き】

・僕が今食べたいサラダ
・エミートボールズ
・ステーキ部位別食べ比べ
(部位はシンタマ(カメノコウ)・サーロイン(ステーキレディー)・外モモ(ナカニク))
・牛の味噌汁

 


 

 



部位:シンタマ(カメノコウ)

 

 



部位:外モモ(ナカニク)

 

 



部位:サーロイン(ステーキレディー)








 

 

酢飯屋ちゃんの絵とロウソクでお出迎え。
 

 

 







 

 

牛さんの事や、これからの事、〆はみんなで「いただきます」
 

 





 

 

坪井農園の新玉ねぎと鳴門のうず潮ゴリゴリわかめのサラダ
 

 

 


 

エミートボールズ





 

 

ステーキ部位別食べ比べ
・シンタマは対馬の藻塩と倉田ペッパーの完熟胡椒で
・外モモは三枝農園の極上わさび『伊豆かおり』と壱岐の藻塩で
・サーロインは種子農園のニンニク醤油で
 

 

 










 

 

和歌山県 ヤスヒロ農園のうすい豆の土佐酢漬けとともに

 

 



 

サーロインは外側をカリッカリに焼き上げました。

 

 

 


 

 

もう満足!これ以上は食べれないわ!と言わせた所で、












 

 

本当に?と、シンタマの握り寿司がおろしボン酢乗っかってドンッ!
 

 

 

 

 


 

 

そして優しい牛の味噌汁。














酢飯屋ちゃんを育てた私達と、酢飯屋ちゃんを1頭まるごと扱う寿司職人・岡田大介さんの寿司屋『酢飯屋』にお肉が大好きな人たちが集まって、酢飯屋ちゃんをとことん楽しむ不定期開催の『 寿司屋の牛レストラン 』また次の機会にぜひぜひに☆









 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://blog.gunma-emeat.com/trackback/128