<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Emeat × 銀座初音 × 松屋銀座

 

 

Emeat-blog-matsuya-01.jpg

 

 

 

松屋銀座さんが創業150周年を迎えるにあたり松フェス!が開催され、なんとエミートが参加しました。そんな牧場にとって光栄なお話もやっぱり牧場の現場から実際に牛さんを見て始まりました。

 

 

 

Emeat-blog-matsuya-02.jpg

 

 

 

 

東京の銀座に構える老舗のデパート松屋さんは農家にとってそこに我が家の商品が並んだらなぁと一度は夢見る憧れの場所でありましたが、我が家の規模や安定供給を考えると難しいだろうなぁというのは、個人ブランドを初めてすぐに思い知ったので半ば諦めていたのでした。でも今回は生産者と食材を求める人の間にバイヤーやシェフ、コーディネーターも中に入りながら新しい流通のかたちを目指している『 REACH STOCK 』さんのご紹介で、みやじ豚や土佐あかうし、ずっと昔から尾崎牛を扱う生産者に寄り添ったお肉屋さんの『銀座初音』さんが松屋のバイヤーさんと牧場に来たいというので、単純に私達の牛さんがこういう方々にどう映るのか、課題はなんなのか?興味本位でお会いしました。

 

 

 

 

Emeat-blog-matsuya-03.jpg

 

 

いつもと変わらず、私の「この子のお尻ちょっと見てください!いいでしょ?」という親バカ全開&専門用語だらけで伝わらない説明を笑顔で聞いて頂き、「せっかくなんでこの子にお名前も付けて下さい」なんて笑っていると、あれよあれよと事は進み「松フェス!」に我が家のお肉が参加することになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

生産者の熱い想いをお話するのと、シェフが実際に調理して試食して頂くイベントもやりましょう!となり、どっきどきで迎えましたが、前日シェフが「脂を触っただけで、お!と思って牛脂でキャベツを炒めただけで子供がばっくばくでした」という感想を頂き、これは牛さんの背中に乗っかった気持ちで挑めば大丈夫!!と勇気が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

正直、エミートというブランド名を広めたい欲も無く「この牛さんの為になれれば」というスタンスなので、いったいどういう売り方なのかなぁ?群馬県産の黒毛和牛かなぁ?と事前に特に確認もせずワクワクして行ったら、当たり前のように『 石坂牧場 黒毛和牛 Emeat 』で販売されていて、緊張なのかなんなのか変な汗がブワッと出てきました(笑)

 

 

 

松屋銀座さんと銀座初音さんの懐の深さを感じると共に、周りの商品達が応援してくれた気がしました。実は、松屋銀座さんとはずっと縁を感じていて、イベント中に隣に並ぶ『 職人醤油 』は同郷群馬で高橋万太郎さんと一緒にジャーキーを作ったし、名物の『 銀座ミツバチ 』の田中淳夫さんの息子さんに実は私の妹が嫁いでいたり、翌日イベントを予定してる藤田承紀さんも牧場に来てくれたんだよなぁ。と現場でお会いした人が取り組んでるものとそれぞれ突き進んで来たらデパートで再開したような、暖かい気持ちになったのです。

 

 

 

そして試食を食べて頂いたお客さんから『美味しい!』と目の前で聞いたり、エミート?何?和牛?という疑問を抱く前に「銀座初音さんで売ってるお肉なら間違いないでしょ」で買われていく姿をみると、ありがたいなぁと幸せな気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

めったに広告を打たない松屋さんにエミートが登場しただけで家宝です。

今回のお肉がまだあるのかは『銀座初音』さんに確認しないと分からないのですが、常にエミートが最高の状態で買える所がある場所になるように牧場で日々頑張っていこう!と改めて思ったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)

その日は牧場に来てもいいよ。

 

Emeat-blog-kengaku-01.jpg

 

 

 

『 第1回 石坂牧場にぷらっと来ていい日。 』 

 

 

【 日時 】   2017年4月29日(土) 10時〜16時の間ならいつでも

【 会場 】   石坂牧場  群馬県渋川市石原2257-50

【 会費 】   なし

【 食事 】   なし

【 持ち物 】特になし

【 基本 】   各自現地集合現地解散

【 内容 】   特になし

【 資格 】   海外へ1週間以内に行かれた方はご遠慮ください。

 

【 申し込み 】 氏名、人数、牧場に来る時間帯を info@gunma-emeat.comにて

       お知らせ下さい。

 

 

 

 

【 趣旨 】

 

 

「牧場いつか行ってみたいです!」「ぜひ牧場に遊びに来てください!」皆さんの前でお話する機会も増え気軽にこういった会話を交わしたとしても実際は観光牧場でもなく、日々仕事に追われ、決して綺麗な牧場という訳でもありません。何より生き物を飼っているので病気を持ち込みたくないので積極的に受け入れる訳にもいきません。逆を考えてみても、私がその見学したい先が好きであればあるほど相手に迷惑はかけたくないので遠慮してしまいます。だから、あえて、来ても良いよ!という日を設けてみました。特に何か用意してる訳でもありません。いつもの牧場の日常があるだけです。興味のある方は伊香保温泉のついでに29日(肉の日)に牧場に寄ってみるかな?というような軽い気持ちで来て頂ければと思います。そんなお互いが身構えないぷらっとユルい日になればと願っています。

 

 

 

 

Emeat-blog-kengaku-12.jpg

Emeat-blog-kengaku-02.jpg

Emeat-blog-kengaku-07.jpg

Emeat-blog-kengaku-11.jpg

Emeat-blog-kengaku-04.jpg

Emeat-blog-kengaku-03.jpg

Emeat-blog-kengaku-08.jpg

Emeat-blog-kengaku-06.jpg

Emeat-blog-kengaku-10.jpg

Emeat-blog-kengaku-09.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-kengaku-13.jpg

 

 

 

実は今回、こんな企画を考えたのにも理由がありまして、それは牧場来ても良いよの4月29日からゴールデンウィークを挟んで、5月12日に寿司屋の牛レストランを開催予定なのです。

 

 

 

今回のお肉はもちろん、『 がんばれ!大山くん 』

寿司職人の弟子に入った大山浩輝(当時18歳)にせめて牛さんを出荷するまでの2年半は辛い修行でも頑張って欲しい!と応援する

気持ちで名付けた牛さんです。お互いの成長を確認するように牧場に何度も大山くんは訪れてくれました。そして、2年半経ち、料理人の大山くんが自分と同じ名のお肉を調理し提供します。

 

 

 

作り手が食材を目の前にして緊張する事、それを食べ手が緊張しながら見守る事。そんな事ってなかなかないと思うのです。それをより皆さんに体験してほしくて牧場に来ても良いよという日を今回

設けました。

 

 

 

牧場で牛さんを感じてからお肉に対面する。これって何か生々しい事かもしれませんが、本来見えないけど当たり前の事なんですよね。「いただきます」の暗いじめっとした食育や、活字にすると誤解も生まれますが、実際に牧場に来て頂ければ私達がいかに楽しく明るく牛さんと向き合っているか感じて頂けると思ってます。無事にお肉になった事がどんだけハッピーな事か。

 

 

 

ぜひ、そんな感覚を牧場行った後に寿司屋の牛レストランに行くというプランで体験してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 第6回 寿司屋の牛レストラン 』 

 

 

【日時】   
第6回 2017年 5月12日(金) 19時00分〜21時30分
前回までの様子はこちらからどうぞ!
http://www.sumeshiya.com/sushi/2015/06/1-1.html

 

 

 

【タイムスケジュール】
19時00分〜19時30 牛飼い石坂さんからのお話
19時30分〜    お食事会スタート

 

 

 

【場 所】
『酢飯屋』 文京区水道2-6-8
      

 

 


【最寄駅】
地下鉄 有楽町線 『江戸川橋駅』 4番出口から徒歩3分

 

 

 

【お品書き】
・季節野菜の肉味噌添え
・ステーキ(2部位食べ比べ)クラタペッパーで
・炭火焼肉 こだわり抜いた自家製焼肉のタレで
・牛司(すし)・ s ushi
・大山くんの牛チャーハン
・エミートスープ

 

 

 

【会費】
12,960円(税込) 限定16席
※お飲物代は別料金となります。

 

 

 

 

【第6回 寿司屋の牛レストラン お申し込みフォーム】
_____________________________
ご氏名(ふりがな)
携帯番号
ご住所 〒  
E-mailアドレス  
ご一緒される方のご氏名(ふりがな)
ご紹介者様名 (いらっしゃれば是非お書きください)
_____________________________

ご参加を希望される 方は、参加フォームにご記入のうえ
info@sumeshiya.com までご連絡下さいませ。
参加費は事前お振込みでお願いしております。
参加ご希望の方は5月2日(火)までに
参加費のお振込みをお願い致します。
ご入金確認が出来次第、受付完了とさせていただきます。

【お振込先】
______________________________________________
三井住友銀行
(店名) 本店営業部
(普通)2366556  株式会社酢飯屋
______________________________________________

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)
1