<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ユルく脱線

 

 

image2.jpg

 

 

 

先日、近所の大好きな古着屋さんのDOMITUNEさんが牧場にぷらっと遊びに来てくれました。趣味に近い牛さんのTシャツを作る際にお世話になってるDOMITUNEさんについては以前がっつり記事を書いたのでそちらをどうぞ!

 

 

( Click! )→ Emeatにっき『 牛飼いですがTシャツ販売してもいいですか? 』

 

 

 

大人の社会見学という事で、牛さんを見ながらお話して、最終目的地は我が家のDOMITUNEちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎に古着屋があってもいいじゃない。と心地いいユルさの中に気を抜けないラインナップ、SNSをちゃんと使えてるセンス。業種は違えどどこか共通点も多い取り組みに何度も「同じっすね〜」が飛び出す素敵な時間となりました。同じ業種や取引先などの縦の繋がりも大事ですが、なかなか牧場から出れない仕事であっても、こういった業種は違えど素敵なお店や人と繋がっていくという事が本当に楽しく幸せに感じます。牧場の雰囲気を知ってもらったから、今度素敵な牧場の作業着になりそうな古着が出てきた時はよろしくです。そして素敵な作業着を着て牛を飼う。そういう事が繋がって自分達なりの「牛飼いで幸せになる」という事に近づいていけるのかなと思います。

 

 

 

 

先日もDOMITUNEさんから素材になるTシャツを買って、自宅で夜な夜なシルクスクリーンを作り刷る機会がありました。

 

 

 

 

どんなデザインにしようかと牛さんの顔をパソコンで書きながら、深夜にどんどん元のデザインから脱線していって戻って来れなくなる事がありました。この脱線も楽しかったし、牛さんモチーフでなかなか出会わないイラストになったので記念に貼っときます。

 

 

 

Emeat-blog--illa-01.jpg

 

Emeat-blog--illa-03.jpg

Emeat-blog--illa-04.jpg

Emeat-blog--illa-06.jpg

 

 

 

この元のデザインがどんなだったのかは次回の記事にでも。

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)

杉浦OK牧場

 

 

Emeat-blog-inbo-06.jpg

 

 

 

『 その日は牧場に来てもいいよ。通称:OK牧場 』という企画を考えていたところ、杉浦夫婦がちょうど1年ぶりに牧場に遊びに

来てくれました。

 

 

 

杉浦夫婦とは『 いろんなシェフで一頭入魂 』の際にエミートに合うワインを選んで頂いた事から始まり、牧場に「ワインの千里」

という牛さんも誕生し、その後、自分が体験した事を自分の大切な方にもやっていみたい!と自身の結婚披露宴でエミートの会じ

ゃないか?と来賓の方々に勘違いされるほどの熱い伝えっぷりを披露したのでした。

 

 

 

その理由は「杉浦印房」という小さな飲食店を夫婦で営む夢があり、披露宴は最初の一歩という事でエミートを選んで頂いたのでした。もちろん牧場に「杉浦印房」ちゃんもいます。

 

 

 

 

詳しくはこちら → ( Click! ) Emeat にっき     「 和をつなぐ牛さん 」

 

 

 

 

そんな披露宴からちょうど1年、そんな記念日に牧場に来てくれたのでした。忙しい中、そんな大切な日に「牧場」が予定に入ってるなんて驚きです。そして翌日には酢飯屋さんで「がんばれ!大山くん」のランチ予定との事。しかも、今回は姉夫婦も一緒でいいですか?という嬉しい事も。なぜなら、

 

 

 

 

 

 

 

 

「ワインの千里」と昨年活躍した「千歳」が由来となって春に生まれた娘に「千春」と名付けたんですが、そのワインの千里さんの実のお姉ちゃんの名は「千春」だからです!おお!ダブル千春!!普段はなんと呼ばれがちなのか?どんなあだ名が付くのか?親バカとしてはぜひともリサーチしときたい!

 

 

 

 

Emeat-blog-inbo-01.jpg

Emeat-blog-inbo-05.jpg

Emeat-blog-inbo-03.jpg

Emeat-blog-inbo-02.jpg

 

 

 

1年ぶりの『ワインの千里』『杉浦印房』との再会を楽しむ大人たちとあっという間に牧場で世界を広げて遊ぶ子供達。

 

 

 

 

 

 

Emeat-blog-inbo-10.jpg

 

 

姉夫婦はめっちゃお世話になってる(あれは牛舎に使えないか?と半日はブツブツ言いながら通ってるホームセンター)カインズ

お仕事をされているらしく、後日お礼を兼ねて手書きのカインズロゴの段ボールが届きました。

 

 

マシュマロを勝手に食べたという小さな子供同士のいざこざもあって(笑)わざわざマシュマロまで入ってました。

 

 

 

 

Emeat-blog-inbo-08.jpg

Emeat-blog-inbo-07.jpg

Emeat-blog-inbo-12.jpg

 

 

 

美味しいとかだけではなくて、牧場やお肉を通して繋がっていく事に本当に幸せを感じました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

という事で、こんな事もやってますのでぜひ ↓

 

 

 

Emeat-blog-kengaku-01.jpg

 

 

 

『 第1回 石坂牧場にぷらっと来ていい日。 』 

 

 

【 日時 】   2017年4月29日(土) 10時〜16時の間ならいつでも

【 会場 】   石坂牧場  群馬県渋川市石原2257-50

【 会費 】   なし

【 食事 】   なし

【 持ち物 】特になし

【 基本 】   各自現地集合現地解散

【 内容 】   特になし

【 資格 】   海外へ1週間以内に行かれた方はご遠慮ください。

 

【 申し込み 】 氏名、人数、牧場に来る時間帯を info@gunma-emeat.comにて

       お知らせ下さい。

 

 

 

 

【 趣旨 】

 

 

「牧場いつか行ってみたいです!」「ぜひ牧場に遊びに来てください!」皆さんの前でお話する機会も増え気軽にこういった会話を交わしたとしても実際は観光牧場でもなく、日々仕事に追われ、決して綺麗な牧場という訳でもありません。何より生き物を飼っているので病気を持ち込みたくないので積極的に受け入れる訳にもいきません。逆を考えてみても、私がその見学したい先が好きであればあるほど相手に迷惑はかけたくないので遠慮してしまいます。だから、あえて、来ても良いよ!という日を設けてみました。特に何か用意してる訳でもありません。いつもの牧場の日常があるだけです。興味のある方は伊香保温泉のついでに29日(肉の日)に牧場に寄ってみるかな?というような軽い気持ちで来て頂ければと思います。そんなお互いが身構えないぷらっとユルい日になればと願っています。

 

 

 

 

Emeat-blog-kengaku-12.jpg

Emeat-blog-kengaku-11.jpg

Emeat-blog-kengaku-06.jpg

Emeat-blog-kengaku-10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23:16 | comments(0) | trackbacks(0)

和をつなぐ牛さん

 

 


Emeat-blog-sugiura-17.jpg
 

 


昨年から酢飯屋代表の岡田大介さんと取り組んだ最初の牛さん『酢飯屋ちゃん』はいよいよ完売を迎え、次のステージである『千歳ちゃん』もスタートしたのですが、こうやって1頭を伝えていくという事をしていると、お客様の声や反応だけではなく、お客様の行動が起こるというのがとても嬉しく幸せを感じてきました。



そして、まさに『酢飯屋ちゃん』の有終の美といいますが、最後に信じられない事が起こったのです。






Emeat-blog-sugiura-11.jpg
Emeat-blog-sugiura-12.jpg



昨年の9月、『酢飯屋ちゃん』の大イベントである池袋WACCAで行われた「いろんなシェフで一頭入魂〜酢飯屋ちゃんという牛を食べる会〜」にて酢飯屋ちゃんの料理に合うワインをソムリエとして選んで頂いた杉浦千里さんが今回の主人公になります。(前回の日記で、娘の名:千春(ちはる)の「千」という字を付けようと思ったきっかけになったのは、出産時期に深く関わった「千歳君」と「千里さん」がいたからでした)





Emeat-blog-sugiura-13.jpg



とても幸せな会でしたので、縁も大切にするべくこの時期に生まれた子にはシェフたちの名前を付けたのですが、もちろんその中にもワインを担当して頂いた『ワインの千里』ちゃんもいます。



わー嬉しいです!今度牧場に会いに行きます!!




ここまでが経験し、想像できた幸せな反応でした。でも、酢飯屋ちゃんの力はお客様を実際に行動させてしまうんです!





Emeat-blog-sugiura-01.jpg
Emeat-blog-sugiura-02.jpg



実際に牧場に訪れ『ワインの千里』ちゃんに会いに来てブラッシングしてくれただけではありません。  実は入籍を済ませ、披露宴が控えていて、可能ならEmeat を来て頂いた大切な方に伝えて披露したい。その為に食材持ち込み可能な披露宴会場をわざわざ選んだらしいのです。出来ればあの時のイベントのようにビデオを流してしっかりと伝えてから食べてもらいたい。



・・・自分の大切な式なのにどうしてそこまで Emeat なのか?そんなに出しゃばっていいのかな?と思っていましたが話を聞くと、




自分もワインというものを通して、商品ではなくその背景にある作り手から好きになってもらう活動をしてきたのだが、あの喜怒哀楽が全部詰まってる式の様な酢飯屋ちゃんのイベントで凄く感動したし、自分が感じたあの体験を自分の為にわざわざ集まってくれる大切な方々にも体験してもらいたい!自分は生産者じゃないけど、自分の大切な方々が集まる式という場所ならやるべきなんじゃないか?




Emeat-blog-sugiura-03.jpg


お二人は将来的にそんな事を伝えられる飲食店をやりたいらしく、屋号もすでに決まってるとの事でした。なるほど!まだ店舗は先だとしても、二人がこれから目指す『杉浦印房』の最初の取り組みが自分たちの結婚式なんですね!!





Emeat-blog-sugiura-06.jpg
Emeat-blog-sugiura-04.jpg
Emeat-blog-sugiura-05.jpg
Emeat-blog-sugiura-07.jpg


『酢飯屋ちゃん』のもはや親のような寿司職人の岡田大介さんも、とても喜んでくれて、次回の日記で書きますが、伝える術のキーである映像を作成するユミタスも協力してくれていよいよ実現しました。







Emeat-blog-sugiura-15.jpg
Emeat-blog-sugiura-14.jpg
Emeat-blog-sugiura-16.jpg



一方通行の生産して消費するだけだと思っていた「食」でも生き物を飼ってる牛飼いの私達からすれば、食材の背景にあるものを伝えて受け取ってもらいたいと頑張ってきました。でも基本は一方的にこちらから伝えるだけでなく、ルーツを探りたくなって背景に出会ってもらえるようなとにかく美味しいものを作る。それが私達の目指してきた事でした。牛さんは特にたくさんの人の手を借りてたくさんの方の力になります。
 

 


酢飯屋ちゃんの在庫が無くなっても召し上がった方の中や私達の経験や繋がりに変わっていく。そして今度はそれを体験した方が酢飯屋ちゃんを使って大切な方に体験してもらう。「和をつなぐ牛さん」の魅力に出会えた気がします。




杉浦夫婦、こんな素晴らしい機会と幸せを頂きありがとうございました。末長くお幸せにと『酢飯屋ちゃん』一同祈っております。








Emeat-blog-sugiura-10.jpg



















 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)

お客様の声を超えて

 

 

 


おかげさまで Emeat 若牛の『大晦日』ちゃんは予想以上の大好評で販売予定分は全て売り切れとなりました。ありがとうございました。

 

 

 

若牛、初めての販売、全てが初めてで不安で一杯で、販売開始も遅れに遅れて年末になってしまいましたが、「大晦日」ちゃんという名前もあって、本当に『大晦日』ちゃんに背中を押してもらったような気がしています。




そして去年大活躍してくれた「酢飯屋」という屋号の付いたお寿司屋さんが1頭買いで購入して下さったお馴染みの『酢飯屋(牛)』ちゃん。こちらも勉強しながら焦らずに自分達の歩みと共にゆっくり販売していこうと考えちょうど出荷してから1年を迎えようとしています。










酢飯屋ちゃんで学んだ事は、牛さんは本当に大きくて、いろんな人の手を借りてお肉になり、想像出来なかった位のたくさんの方に召し上がってようやく1頭分なんだという実感でした。その「実感」をどうしても持ちたくて、時間やコストがかかってしまっても勉強代として捉え、お肉の販売には不向きな寿司屋と肉の販売が素人の牛飼い同士でも、丁寧にゆっくりと顔と顔が見える販売をしていこうと「酢飯屋」代表の岡田さんと話し合って歩んできました。





 

 


ネットでの販売分は売り切れちゃったのですが、どうしてもやりたかった企画の為に大晦日ちゃんはまだまだ活躍しています。どうしてもやりたかった事とは、カレー大好きな私が惚れ込んでる「酢飯屋」さんがいろんな食材と出会ってお寿司で収まりきれなかったホンモノを近所の方々と触れ合いながら提供したいというお昼に行ってるカフェ『 suido cafe 』の定番メニューのカレーで『酢飯屋ちゃん』と『大晦日ちゃん』が出会う!という事です。

 

 


集大成の理想肥育の酢飯屋ちゃん、新世代和牛としての大晦日ちゃんが石坂牧場を出発して、子供から大人まで大好きなカレーの上で久しぶり!な感じです。私にとってはたまらないカレーです。


ぜひ、suido cafe さんで楽しんでみて下さい。



   ( Click! )  →   s u i d o    c a f e








こんな風にとことん楽しみながら活動してきた私達に想像を超える反応が起こりまくったのです。「美味しい」「とろけた」「感動した」「元気になった」「気付かされた」いろんなお客様の声を頂きました。それは本当に私たちのパワーとなっています。常に自分の感じるホンモノしか扱わない「酢飯屋」さんは日常茶飯事のようにそのような声を聞いてる筈だし、その為の努力は並大抵の事ではありません。そんな「酢飯屋」さんの想像をも超える事が数々起こっていきます。






Emeat-blog-yoshino-07.jpg



牧場にどうしても行きたいんですが。
エミートをもっと身近で食べたいんだけど、どうすればいい?では、そこをクリアすればいいのか、では協力できそうな友人を紹介したい。どうしても『酢飯屋ちゃん』を使ってホームパーティしたいからブロックが欲しい。食べるだけじゃなく、解凍・切る・焼くすべてを楽しみたい。



まったくお肉や食に関係ない方々が『酢飯屋』ちゃんを食べただけで実際に行動を起こして下さってるんです。理由は「自分がもっとエミートを食べたいから」のみで。











Emeat-blog-yoshino-08.jpg
Emeat-blog-yoshino-01.jpg
Emeat-blog-yoshino-10.jpg
Emeat-blog-yoshino-09.jpg
Emeat-blog-yoshino-11.jpg
Emeat-blog-yoshino-02.jpg
Emeat-blog-yoshino-03.jpg
Emeat-blog-yoshino-04.jpg
Emeat-blog-yoshino-05.jpg
Emeat-blog-yoshino-06.jpg



とっても嬉しかったし、ちゃんと伝えたかったので冊子も作りました。2日間まるで子供の寝顔を見るように解凍を観察する姿、ブロックも筋などを取ってもらった特別なグリムキに加工してあるので、お肉を切るのもそんなに難しくなく、私も焼きたいとフライパンの取り合いをしちゃう感じ。本当に楽しそうで、それを見ているだけで本当に幸せです。


ブロックで売って!という声も大きくなり、『酢飯屋』ちゃんに対して親心MAXの岡田さんと話し合って、こんな笑顔を見れるならブロックでそんなに売れるかは分からないけど、熱い声もあるし期間限定で販売してみようかという話になりました。



という事で、期間限定であのEmeatの1つの集大成となった『酢飯屋』のブロックの一部をオンライン直売所により販売開始!!






 

















 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)
1