<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ゆうこ母さん

 

 

Emeat-blog-ツイテルゆうこ.jpg

 

 

 

第1弾 2014年 『 ろっくの母さん 』

第2弾 2015年 『 パンクの母さん 』

第3弾 2015年 『 草津温泉の母さん 』

第4弾 2016年 『 さくらんぼの母さん 』

第5弾 2017年 『 プンプンの母さん 』

第6弾 2018年 『 ツイテルの母さん 』

第7弾 2018年 『 徒競走母さん 』

第8弾 2018年 『 みちえ母さん 』

 

 

 

 

 

お母さん牛の幸せの循環を Tsui-teru! さんと一緒に作り上げて行こう!の第9弾『 ゆうこ母さん 』です!

 

 

 


 

 


 

これまでのおおまかな取り組みの内容はブログ右上の丸い『母牛』をクリック!もっと詳しいこれまでの取り組みは、右のカテゴリーの『Emeat × Tsui-teru!』をクリック!

 


 

 

 

 

 

これまで、中野のツイテルさんと一緒に、Emeatのお母さん牛の価値を再構築していこうと取り組んできました。前回は祖母の名前が付いた『みちえ』が夏に登場し、大好評でしたが、縁とは恐ろしいもので、今回は妹です(笑)

 

 

 

 

Emeat-blog-yuko-02.jpg

 

 

この写真で分かるように妹のゆうこは昔からひょうきんで、学校でも超有名人。思った事はまっすぐ突き進むタイプで、小さい頃に目の前で起きた環境破壊をきっかけにエコを考え始め、牛飼いって環境にどうなの?という議題を出してくる一番身近な厳しい消費者でした。そのおかげもあって循環型農業や牛を飼うってどういう事かを考える牧場になった気もします。このブログに登場する料理人も元は妹と繋がってたり。今では2児の母をやりながら炭にハマっている妹。

 

 

 

 

 

Emeat-blog-yuko-01.jpg

 

 

 

そんな妹の名前を貰って母牛になった『ゆうこの母さん』ですが、本当に優秀でした。餌や管理がいったいどれが正解なのか分からなく結果も安定しないし相場も悪く苦しかった時代に安定していい成績の子を産んでくれたのが『ゆうこの母さん』です。牧場を閉じるか続けるか迷った時に賞を取ったのも「ゆうこの子」でした。「ゆうこの子だから大丈夫」何度もこのセリフを言った事を思い出しました。

 

 

 

おつかれゆうこ。再肥育の時には気持ちのいいくらいの食いっぷりで毛艶もピカピカでした。お母さん牛は個性やタイミングで仕上がりがどんな風になるのか毎回楽しみでもあり不安でもありますが、何度も子に言ってきたんで「ゆうこだから大丈夫」でしょう。

 

 

 

ただいまツイテルさんでクリスマス、年末年始に向けて絶賛熟成中です。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 




★ ( Click )  →  Thui-teru! (facebook)  






 

 

 

23:29 | comments(0) | trackbacks(0)

印房ちゃんの授業参観

 

Emeat-blog-inbo2-07.jpg

 

 

酢飯屋バーバキューを終えたその足で Wine Bar 杉浦印房 さんへ行ってきました!

 

 

 

理由はもちろん杉浦印房ちゃんに会いに授業参観の気分で行ってきました。想像以上に素敵なお店でした!こんなお店が近くにあったらなぁという感じです。

 

 

 

Emeat-blog-inbo2-06.jpg

 

 

杉浦印房を杉浦印房で。そして生産者とお客さんがお店でお客さんとお話ししながら食べる日曜の夜は本当に幸せを絵に描いたような感じでした。こんな繋がりを作ってくれた牛さんに感謝です。

 

 

 

 

Emeat-blog-inbo2-05.jpg

 

 

Tシャツをプレゼントした時に「ありがとうございます!特別な日に着ます!」と言ってくれた杉浦夫婦はそのTシャツで迎えてくれました。

 

 

 

 

Emeat-blog-inbo2-04.jpg

Emeat-blog-inbo2-01.jpg

Emeat-blog-inbo2-02.jpg

Emeat-blog-inbo2-03.jpg

 

 

まず生産者に先にやってくるのは安堵です。良かったぁ、すごく美味しい!

そして調理した杉浦さんもその様子を見て安堵し、お客さんの美味しいという反応を見てお互いにとても幸せな気持ちになる。もうどちらも親目線なんですよね。そんなお肉です。

 

 

 

本当に好評でそんな屋号の付いたお肉を食べられるのもすでに次の計画にも進んでるくらい残りわずかになりました。興味のある肩はぜひ、お早めに杉浦印房さんへ。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

http://wine.sugiurainbou.com

 

 

営業時間

月〜金 18:00〜02:00(01:00 LO)

日   17:00〜23:00(22:00 LO)

土        お休み

※上記の日程以外でお休みの場合や、営業していることもあります。 

詳細は営業日カレンダーまで

 

電話番号

03-6228-3363

住所

東京都中央区新川 2-13-6 明正ビル1階

mail

sugiura.info@gmail.com

 

 

 

21:52 | comments(0) | trackbacks(0)

酢飯屋バーベキュー 2018

 

Emeat-blog-酢飯屋bbq-15.jpg

 

 

ずっと憧れだった酢飯屋バーベキューに行ってきました!

 

 

 

酢飯屋の岡田さんと出会った最初の頃は私達は勝手にお肉とお寿司屋さんの間には距離があると思っていて、寿司一貫で扱うお肉の量を見れば取引とかの想像も出来なかったのです。でもこんな面白い人と牛さんを通じていつか何かしたいというのは凄い感じていました。その夢を叶えるイベントが酢飯屋バーベキューだと当時は強く思っていたのです。

 

 

 

現地の食材や郷土料理に足を運ぶ岡田さんから溢れ出た素晴らしいものが集まり、テーマを決めて64回も行われていたバーベキューに Emeat がもし登場するならここしかない!そう出会った時から勝手に思っていました。でも現実はそこから公園の問題もあったり酢飯屋バーベキューの開催は未定になったのです。しかし縁とは不思議なもので、suido cafeのランチから始まり、寿司屋の牛一頭買い、いろんなシェフで一頭入魂、寿司屋の牛血統買いまで発展し、 今では Emeat は当たり前のように酢飯屋さんで登場する事になったのです!

 

 

 

そんな中、5年ぶりに復活した酢飯屋バーベキュー2018。もちろん行ってきました!感想は言わずもがな全てが満たされました。夢だった酢飯屋バーベキューにエミートデビュー!!ありがとう金目鯛!!

 

 

 

Emeat-blog-酢飯屋bbq-11.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-10.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-09.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-08.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-07.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-12.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-13.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-02.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-01.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-03.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-04.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-05.jpg

Emeat-blog-酢飯屋bbq-06.jpg

 

 

当日の様子は酢飯屋さんの【 第65回,第66回 酢飯屋バーベキュー 】にガッツリ載ってますが、皆さん本当に美味しい笑顔です。相当準備が大変なのは簡単に想像できますが、みんなが求めてるから続ける酢飯屋バーベキュー。早くも来年の開催が決定し、予約も開始しています。もう今から楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)

印房 T

 

Emeat-blog-inboT-08.jpg

 

 

台風21号と北海道地震で被災されました皆様に心からお見舞い申し上げます。畜産農家もたくさんの生き物を抱えていますので大変だったと思いますが、一方で稲刈りに大忙しという事も聞いたり、弱いけど逞しい仕事だなとしみじみ思いました。

 

 

さて、お盆前の日記の続きですが、脱線していく元のデザインはこれでした!

 

 

 

今も大活躍中の『 杉浦印房 』ちゃんのイラストです。1頭の牛さんを通して牛飼いとWineBarが同じ夢を見させてもらった物語。詳しくは、

 

 

 

( Click! ) → Emeatにっき『 杉浦印房 × Emeat × 杉浦印房 』

 

 

 

 

 

Emeat-blog-inboT-05.jpgEmeat-blog-inboT-02.jpg

 

 

出荷してからももっと育てる事は出来るんじゃないのか?なにか相手が喜ぶ事は?これをやったら相手が喜ぶと思いついたら大変でもやる。1/百姓。それは同時に出荷で終わりにすると辛いから。そして作るのが楽しいから。そんな思いで冊子を1頭ごとお店ごとに作成したり、絵を描いたり、今回はTシャツを作ったり。

 

 

写真だと生々しいから牛さんのイラストを書こう!お店出来たばかりでオリジナルのも少ないはずだし、そうだ屋号入りのTシャツを作ろう!でも屋号が大きいと普段使いもしずらいから「印房」だけにしよう!だったらハンコっぽく刷ろう!エプロンだしバックプリントの方がいいな!とかニマニマ考えながらシュッとな。

 

 

 

 

Emeat-blog-inboT-06.jpg

Emeat-blog-inboT-07.jpg

Emeat-blog-inboT-10.jpg

Emeat-blog-inboT-09.jpg

Emeat-blog-inboT-03.jpg

 

 

杉浦夫婦用に作ったのですが、我ながら良い出来とか思ったりもして自分用も作れば良かったなぁと後悔。とても喜んで頂いて、「いったい何屋さんですか?」という嬉しい疑問も頂きました!百の事が出来る百姓目指してます(笑)

 

 

 

Emeat-blog-inboT-01.jpg

 

 

さてさて肝心のお肉の印房ちゃんですが、こちらビックリするほど大盛況で、小さなお店なのに凄いスピードで出ています。杉浦印房のお肉を杉浦印房で!という経験が出来るのもあと僅かですよ!そして、来週の16日に子供がいてなかなか近年外に出れなかった恵美が酢飯屋BBQの後に杉浦印房さんにお邪魔する予定です。生産者の横で屋号の名の牛さんのお肉をお店で食べるというもっと希少な経験をされたい方は16日(日)の早い時間に予約をぜひ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

http://wine.sugiurainbou.com

 

 

営業時間

月〜金 18:00〜02:00(01:00 LO)

日   17:00〜23:00(22:00 LO)

土        お休み

※上記の日程以外でお休みの場合や、営業していることもあります。 

詳細は営業日カレンダーまで

 

電話番号

03-6228-3363

住所

東京都中央区新川 2-13-6 明正ビル1階

mail

sugiura.info@gmail.com

 

 

 

 

23:14 | comments(0) | trackbacks(0)

ユルく脱線

 

 

image2.jpg

 

 

 

先日、近所の大好きな古着屋さんのDOMITUNEさんが牧場にぷらっと遊びに来てくれました。趣味に近い牛さんのTシャツを作る際にお世話になってるDOMITUNEさんについては以前がっつり記事を書いたのでそちらをどうぞ!

 

 

( Click! )→ Emeatにっき『 牛飼いですがTシャツ販売してもいいですか? 』

 

 

 

大人の社会見学という事で、牛さんを見ながらお話して、最終目的地は我が家のDOMITUNEちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎に古着屋があってもいいじゃない。と心地いいユルさの中に気を抜けないラインナップ、SNSをちゃんと使えてるセンス。業種は違えどどこか共通点も多い取り組みに何度も「同じっすね〜」が飛び出す素敵な時間となりました。同じ業種や取引先などの縦の繋がりも大事ですが、なかなか牧場から出れない仕事であっても、こういった業種は違えど素敵なお店や人と繋がっていくという事が本当に楽しく幸せに感じます。牧場の雰囲気を知ってもらったから、今度素敵な牧場の作業着になりそうな古着が出てきた時はよろしくです。そして素敵な作業着を着て牛を飼う。そういう事が繋がって自分達なりの「牛飼いで幸せになる」という事に近づいていけるのかなと思います。

 

 

 

 

先日もDOMITUNEさんから素材になるTシャツを買って、自宅で夜な夜なシルクスクリーンを作り刷る機会がありました。

 

 

 

 

どんなデザインにしようかと牛さんの顔をパソコンで書きながら、深夜にどんどん元のデザインから脱線していって戻って来れなくなる事がありました。この脱線も楽しかったし、牛さんモチーフでなかなか出会わないイラストになったので記念に貼っときます。

 

 

 

Emeat-blog--illa-01.jpg

 

Emeat-blog--illa-03.jpg

Emeat-blog--illa-04.jpg

Emeat-blog--illa-06.jpg

 

 

 

この元のデザインがどんなだったのかは次回の記事にでも。

 

 

 

 

 

 

11:29 | comments(0) | trackbacks(0)